ほぼはじ番外編 1部レポその③

> 玄米茶とポン酢さん

コメントありがとうございます!
玄米茶とポン酢さんもライブビューイングに参加されていたんですね。私も2部はライビュでした。
イベントは1部も2部も本当に楽しかったですね。映像化されないのが残念です。
グッズも買われたんですね。私はキーホルダーも缶バッジも被りまくりました(汗)。でも可愛いからいっか。
イベントは相変わらず身体張ってましたね。下野さんが全力で頑張っている所を見ると、無理しすぎないか時々心配になりますが、私も頑張ろうと元気をもらっています。私も下野さんのこと尊敬してます。
「さぁ、来い!」の部分は下野さんの男気溢れてカッコイイ場面ですが、ちょっとネタっぽくて面白かったですね。
イベントは見所を挙げればキリがないほど、内容が濃くて何回も爆笑しました。
シャニライの翔ちゃんの引きが良いんですか!羨ましい!私は全然です(涙)。11連を20回廻してやっと出てきてくれる感じです。
玄米茶とポン酢さんを見習って、声旅聖地巡りをまたしてみようかな。勝林寺は行ったことがないので、行ってみたいです。声旅でお庭が綺麗だなーと思って気になってました。
下野市のイベント申し込まれてたんですね。残念でしたね。次のイベントはお互いに当たりますようにと祈っておきます。

イケメン革命のシチュCD買われたんですね。完全に私の趣味なので、玄米茶とポン酢さんには合わなかったらごめんなさい(汗)!
私も下野さんの落ち着いた声が大好きなんです。ACCAのジーンとか、ジョーカー・ゲームの三好とか。
レイは俺様キャラという設定ですが、アリスにはめちゃくちゃ甘いところが好きです(恥)。
久しぶりの下野さん単独のシチュCDということもあり、かなりテンション高くなってました。
また感想書きますので、良かったら玄米茶とポン酢さんに見ていただけると嬉しいです。




もうすっかりイベントのこと忘れかけてます。どーしよ。
いつも正確性をかなり欠いたレポしか書けていませんが、今回は映像化されないそうなので、イベント行かれた方で私のレポ間違ってるよと思われた方は教えていただけると泣いて喜びます(笑)。映像化されるのであれば、あとはDVDで補完してくださいって言えるんですけどね。
このイベントダイジェスト版でも良いから何かの特典につけてくれないかなー。ライビュがあったのでカメラも3台くらいは入ってたと思うのですが・・・。
以下、ネタバレ。




④ほぼ一問一答

箱の中に募集していた下野さんと濱口さんへの質問を書いた紙が入っていて、それを引いて質問に答えるコーナー。
下野さん「ディズヌーランドの・・・」
濱口さん「デズヌーって言ったで。なんで訛ってるの?」
下野さん「デズヌーランドのお勧めグッズや、準備しておいた方が良いことはありますか?濱口さんはディズニーランド行かれます?」
濱口さん「僕はよく行きますよ。年パス持ってます。(両パーク)共通の。」
下野さん「俺は最近行ってないなー。年に数回くらいかな。時間が少しでもあれば行く人いますよね。」
濱口さん「少しでもあればランドの入り口でお茶して帰る人とか。この時間はパレードやってるから、(人のいない)ここでお茶しよとか。トゥーンタウンの入口の(モニュメント)やつ無くなったよね。あれ可愛かったのに、残念。」
下野さん「へー。よくご存じですね。」
濱口さんはティンカーベルが好きで、部屋にティンカーベルコレクションのガラス棚があるらしいです。
下野さん「最近プライベートで行きました?」
濱口さん「1ケ月以内には行きました。で、良く買うのはディズニーパンツ。いっぱい持ってる。人にもあげたりする。」
下野さん「僕も人からよくもらいます。」
濱口さん「今も履いてるで。(ご自分のパンツを確認する濱口さん)トイ・ストーリーやったわ。」
下野さん「俺もそれ持ってます。」
濱口さん「じゃあ楽屋で(衣装に着替えるために脱いだりするので)気をつけないとあかんよな。(人のパンツを間違って履いて)あれ、俺のパンツこんなに色褪せてたっけ?ってなるから。」
下野さん「それは嫌ですねー。他にこれ準備しといた方が良いよってものあります?」
濱口さん「ランドよりもシーの方が(風が強くて)寒いから、厚着していった方が良い。」
下野さん「あー、そうですね。僕メモしておきます。」


次の質問は、大学4年生で就職活動をしているが、落ちまくっていて落ち込んでいる方から、落ち込んだ時にどうやって気を紛らわせたり立ち直ったりするかについて。

下野さんもオーディション落ちたりして落ち込むという話をされていました。
下野さん「デビューしてすぐくらいの時は、オーディション中々受からなかった。最初の頃は事務所にはいれたらオーディションはすぐに受かるものだと思っていたけど、全然受からない時期があったんです。次受からなかったらもう声優辞めようかなと思ってた。」
濱口さん「そんなに追い込まれてたんや。で、この人は落ち込んだ時はどうやって立ち直ってるか聞きたいんちゃうかな。」
下野さんが話を脱線しそうになるのを、濱口さんが話を戻すというか、質問者の意図に沿う回答をするように、下野さんの話を上手く誘導されていて、流石だなーと感心しました。
下野さん「落ち込んだ時は、全部忘れてとにかく自分の好きなことをします。」
濱口さん「例えば?」
下野さん「ゲームしたり、マンガ読んだり。一旦そのことから離れます。ダメだったなー、次頑張ろうと思えたら良いですけど、自分はダメだと悪い方向にいっちゃうと・・・、だから一旦忘れてリセットします。濱口さんはどうされるんですか?」
濱口さん「俺は落ち込まへんねん。」
下野さん「えー!」
このあと濱口さんは芸人さんのオーディション(プロデューサーにネタを見せる)の話をされていました。声優さんのオーデみたいなものが若手芸人さんにはあるそうです。
最初は濱口さんも全然ネタが受けなくて、なんでこの面白さがわからないんだと憤ってたらしいです。濱口さんの話は長くなるので割愛。

どこで話していたか忘れましたが、お二人の好きなゲームの話になったときがありました。
多分落ち込んだ時にゲームをするという話から、今流行ってるどうぶつの森をやってる?という話になったんだったかなー?
濱口さん「どうぶつの森やってる?」
下野さん「いや、まだやってないです。他のゲームをしてます。」
濱口さん「俺はずっとアンコウ釣ってる。」
下野さん「うちのマネージャーはカブトムシの売り買いで喧嘩してました。」
前よりもカブトムシの値段を上げたから喧嘩になったらしい。
濱口さんはゲーム番組の仕事をしていて、マインクラフトというゲームをやっているそうです。
下野さん「僕のボイトレの先生がめっちゃ勧めてくるんですよ。」
マインクラフトというゲームは良く知りませんが、木材とか土とかの材料を集めてきて、家を作ったり、街を作ったりするゲームらしいです。濱口さんはひたすら土を掘るのが好きだそうです。
濱口さん「東京から名古屋までひたすら土掘ってた。ゴーーーって。」
下野さん「僕は似たようなゲームでドラクエビルダーズというゲームにはまってました。ドラクエの世界観で、街を作れるゲームで、そこで延々平地を作ってました。」
濱口さん「一緒やん。」
下野さんも濱口さんもかなりのゲーマーですね。


質問はもう1つか2つくらいあったような気がするんですけど、もう忘れてしまいました(汗)。
かなり記憶が怪しいですけど、濱口さんへの質問で、有野さんと喧嘩はしますか?だったかなー。
濱口さんも有野さんも怒らないタイプなので喧嘩はしないらしい。濱口さんよりも有野さんの方が全く怒らないって言ってたような気がします。若手の頃濱口さんが遅刻した時は、お前のせいで怒られたやんけーと有野さん泣いたらしい(笑)。良いコンビだなーとほっこりしました。



ほぼ一問一答のコーナーのあと、下野さんと濱口さんは一旦捌けて、映像が流れたのですが、続きは次回にします。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-12-06 00:11 | イベントレポ | Comments(0)
<< 祝☆下野紘1stミニアルバム発売! ほぼはじ番外編 1部レポその② >>