Color of Lifeツアー東京公演レポその②

>玄米茶とポン酢さん

コメントありがとうございます!
ライブお疲れ様でした。玄米茶とポン酢さんもAブロックにおられたんですね。私はA3ブロックの下手側だったのですが、もしかしたらニアミスしてるかもしれませんね。
セットリストは間違えてたらすみません。私もキャラソンは詳しくないですが、下野さんがMCで仰っていたので間違いないと思います(笑)。
ライブハウスはいつものイベントと勝手が違って戸惑いましたが、音の迫力は凄かったですね。
「ヤツがファントム」の下野さんのバキュンとするポーズはやばかったですよね。この曲が一番みんなの歓声が大きかったような気がします。
Fellow Yellowはみんなで手拍子しながら会場一体となれる気がして好きです。暖かい空気が流れる曲だなーと思います。
beyond...はヤバいです。イントロだけで泣きそうになります。私は心の中で拝んでましたね。ありがたや~って。もはやそれくらいの心境でした(笑)。
思い出しただけでもちょっとグッときます。
いつものとおりの低クオリティレポですが、玄米茶とポン酢さんに読んでもらえると嬉しいです。




さて。以下、ネタバレありです。
やばい、もう既に忘れてきた・・・。MCもさっぱり思い出せないので、記憶の断片を羅列してます。
何か参考になることが書いてないかなと藁にすがる気持ちで、さっき初めてパンフレットを読んだのですが、買ってない方は絶対勝った方が良いです。
今後通販とか何かで買えると思います。以前のパンフレットもまだ売ってるし。
このパンフの下野さんもヤバいっす。パネェっす。私が言えるのはそれだけでっす。






11. MC3

アーティスト活動は今まで見せたことのない下野紘を見せようというところから始まって。

Running Highは初めてアニメのタイアップがついた曲で、お話をいただいたとき青春アニメだから爽やかな曲でと言われたんだけど、REAL、ONE CHANCEと(ロックな曲が)きて、みんなが(ロック以外の曲を)望んでいることもわかってたんだけど、爽やかな曲かー、どうしようかなーと思ってたんだけど。やってよかった。
Ruuning Highが生まれなかったら、Fellow Yellow(のような毛色の違う曲)も生まれなかった。

次は雰囲気を変えて、この曲を聴いてください。



12. 3つの翼

いきなりキャラソンくるとは思いませんでした。
すみません。私この曲名古屋公演で聞くまで知りませんでした。なので名古屋ではポカーン( ゚д゚)でしたが、さすがに3回聞くと耳になじみますね(覚えたとは言ってない)。
カッコイイ曲でノリやすい曲ですね。ギターのリフが好きです。



13. スパイラル*パンセ

SERVAMPキター!!!キャラソン3曲の中でこの曲が一番歓声が大きかったような気がします。
名古屋でも大阪でも私の近くの人がキャーって大きな悲鳴を上げて喜んでらっしゃいました。
御園大好きなので嬉しかったですが、結構意外な選曲でした。ギターロックな下野さんのアーティスト活動の曲とはちょっと毛色が違うので。
御園のキャラソンって下野さんのカワイイ高音ボイスを堪能できますよね。
あと、複数人で歌っている曲を1人で歌うのも凄いですね。



14. 廃墟に咲く夢

これも知りませんでした。
この曲もロックテイストではないですよね。キャラソン3曲はどうやって選ばれたのか、聞いてみたいですね。
遥かなる時空の中でもゲームやったことないので、今度買ってみるか・・・ってPSPか。私のPSPまだ動くかな。



15. MC4

ぬらりひょんの孫から3つの翼、SERVAMPからスパイラル*パンセ、遥かなる時空の中で5から廃墟に咲く夢を聞いていただきました。
ではまた趣向を変えて。自分の曲に戻ります。
まだColor of Lifeの曲でやってない曲あるよね。

次は赤い曲いきます。ぐっしー宜しく。



16. Ever Red(赤)

この曲も今回のツアーでさらに好きになった曲です。Fellow Yellowの次に好きかも。
下野さんの声は切ないと前回書きましたが、この曲もそれが際立ってるように思います。
サビの「どうして」の「ど」の部分に、感情がのってる気がして。単に私の気のせいですけど。
「ど」が切ないんだー。あと「生き写し」の「い」もね。
この曲でマイクスタンド再び取り出したんでしたっけ?



17. Blue Moon(青)

もうこの曲はね、私の周りめっちゃ泣いてました。どの公演でも鼻をすする音が聞こえてきました。
私の隣の方が号泣してた。感動で泣いている人も含めて、まるでそれが一つの演出のような気がして、癒されました。
泣いている観客を見て下野さんがどう思ったかはパンフレットをご参照ください。
この曲はひたすらに優しいですよね。下野さんの優しさや、人を許すような癒すような包容力に会場が包まれたような気がしました。
私の醜い部分や汚い部分が浄化されたような気がしました。今日1日仕事して元に戻ったけど(笑)。
歌い終わった後の後奏のときに、目線を客席の上手から下手へ、お客さんを優しく見渡す下野さんが印象的でした。



18. MC5

下野さん「アーティストかちゅ・・・、アーティスト活動をして、」
客「キャー!!」
下野さん「何もなかった。」

下野さん「みんなに何かを感じてもらえたらという気持ちでBlue Moonを書いたけど、beyond...よりもみんなの背中を押すような曲になったんじゃないかなと思う。」

客「大好きー!」
下野さん「(イケボで)俺も好きだ。」

下野さん「ライブハウスの良いところは、皆の顔が良く見える!」
客「いえーい!」
下野さん「後ろ見えてるー?」
後ろの客「いえーい!」
下野さん「前の方ー?」
前の客「いえーい!」
下野さん「(BブロックCブロック辺りを指して)あの辺何て言うのかわからないけど。」
BCブロックの客「いえーい!」



19. colors(白)

Color of Lifeの中で圧倒的に好きな曲です。下野さんの曲の中で一番聞いてると思います。beyond...よりも聞いてる回数は多いです。
前々回の記事で、ワイパーできそうだと思ったのはこの曲です。
テンション上がりすぎて下野さんがどんなだったか思い出せないです。すみません。



20. MC6

今回はアーティスト下野紘としてライブをしたくて、今まではバラエティコーナーや朗読劇をやってきて、それはそれで楽しかったしまたやりたいけど、アーティストとして曲だけで通してやりたかった。

(曲だけでライブができるようになって)ここからが本当のスタートだと思ってる。

ライブだけじゃないけど、いつも色んな人に支えられてるんだと実感する。
バンドメンバーやスタッフも含め、本当に沢山の人のおかげでここに立ててる。
今日は来てないけど(他の声優さんで)目標とする人、あこがれる人、アーティスト活動するきっかけとなった人もいるけど、今回は少しだけ成長した下野紘を見せられたんじゃないかと思う。
今回色んなことをやってみてわかったのは、どうやっても自分は自分のペースでしか進めないんだなと思った。

それでも俺についてきてくれますかー?ずっとついてきてくれるかー?
客、大歓声。

泣きそうになる下野さん。
客「泣いていいよー。」
下野さん「大人だから泣かないよ。」
客「泣いていいよー。」

下野さん「あっという間だけど、あと2曲です。」
客「えー!!!」



21. ONE CHANCE(緑)

ラスト2曲はどちらも盛り上がる曲ですね。この曲はもう歌いなれたものですよね。
英語のコーラスは歌いました。
「この手でONE CHACE」の部分、みなさんはペンライトを下から上に掲げてますが、私は下野さんと同じで上から下に下げてます。ちょっと恥ずかしいけど。
「ONE TURN」のときは横に。その方が下野さんっぽい気がして。
ONE CHANCEのときとリアルの時の下野さんはほんとカッコイイ。



22. Pleasure(ピンク、というかタオル)

ラストこの曲かー。納得の選曲ですね。
東京公演がダントツで隣との距離が近くて狭かったので、ちっちゃくなってタオル廻してました。
下野さんの笑顔が満開に咲き乱れるように、それが私たちにも伝染して会場中が盛り上がりつつも暖かな空気になった気がします。
笑顔の素敵な下野さんの、笑顔が似合う曲で本編終了でした。




長くなったので、この辺で。次回に続くんですがね、アンコールの映像がどうしても思い出せない。
他の方のレポを検索しても出てこなくて途方に暮れてます。どーしよ。

[PR]
# by allisfullofhiro | 2018-07-31 00:55 | イベントレポ | Comments(0)