下野紘バースデーライヴ@大阪夜レポ⑥

あ、前回書き忘れてたけど、東京の3講演もあるからあと6人出てくる
のかって言ってて、誰に聞いたの?もー。みたいに悶えてました。

今まで上げたレポの誤字脱字や、後から思い出した部分の加筆などは
気づいたらちょこちょこやっていこうと思います。


次は歌。
あんなサプライズメッセージを見て動揺していたのに、歌えるの
凄いね。切り替え早っ、と思いました。
歌の前後の下野さんのMCは、どのタイミングで話していたかが
あいまいなので、あとでまとめて書きます。


最初は約束でした。
みんなサイリウムを振ってましたが、私はじっと微動だにせずに
聞き入ってしまいました。
今日の下野さんはどの曲も凄く良く声が出てました。本当に通る
声ですね。下野さんといえば元気の良い曲のイメージが強いけど、
しっとりした曲も素敵だと思う。
aloneのときは若干ですがフラット気味のような気がして、ちょっと
ヒヤッとしてたけど、この約束はぴったりはまってて、ジーンと
きました。


下野さんはどの曲も全力で心を込めて歌ってた。
上手く歌おうとしてそっちに意識が集中したり、カッコつけたり
するより、全力で思いの丈をぶつけてくれた方が感動する。
歌唱技術云々よりも、思いの強さで人の心を打つ。
今回の下野さんがまさにそうだった。


次はリアル。
めちゃくちゃ盛り上がってました。

私が今まで参加したライヴ(B'zとか)はサイリウムを使わないライヴ
で、しかも今回はステージの高さが低いので、サイリウムを自分の肩より
上にあげれなかったから、勝手がいまいちわからなかったけど、
楽しめました。

下野さんの歌ってるときの手(というか腕)の動かし方はいつものように
独特で、下野さんらしくて生で見れて良かった。

2曲が終わるとすぐに一旦はけた。
でもみんなでアンコールと叫んだら、すぐに戻ってきてくれた。
もしかしからこのときにアンケートの回答&抽選会だったかもしれない。

ここで、セカンドが夏リリースとの発表があった。
今は鋭意製作中だそう。方向性を練っているようなことを言っていたので、
まだまだこれからっぽい。
なんか驚く仕掛けがというか、何かがあるような言い方をしていた気もする。


アンコールはまさかのリアル(2回目)でした。
でも今度はさっきのより盛り上がってたし、はじけてた。
下野さんはステージ所狭しと動き回ってみんなを盛り上げてくれてた。
二回目だったから、私も少し慣れてきて、さっきよりも楽しめた。


本当にあっという間のライヴでした。
最後の挨拶で、みんなが下野さん大すきーって口々に叫んでたら、
「俺も大好きだー」って下野さんが叫んでくれました。
下野さんが一切の照れも無く、全力で叫んでたから、とても印象に
残った。私ほんとに参加できて良かった。
最後に「また大阪に来る」と力強く言ってくれましたよ。


今回のライヴを通して思ったのは、全部で1時間40分くらいあったと
思うけど、下野さんって一切手を抜かないね。どこを切り取っても
全力で、ちょっと気を抜くとか、休憩とかが無くて。
歌は今回は曲数少なかったけど、今後多くなってきて1ライヴで20曲
歌うことになったら、全曲をこんなに全力で歌ってたら喉を潰さないか
余計な心配をしてしまったりして。

話がそれたけど、今回のイベントで、下野さんが
ファンのことをとても大事にしてくれているし、感謝しているという
気持ちが伝わってきて、私たちも声援を返すことで下野さんも喜んで
くれてるんだというのがわかって、お互いに幸せな空間を共有できた
んじゃないかなと。

イベントの最初から最後まで夢の中にいるようで。
イベント終わってからもしばらく夢見心地でした。
会場を出ると、他のファンの方も興奮冷めやらぬ状態で。
ファンの方がほんと最高だったと言ってるのが聞こえてきて、また
嬉しくなった。

セカンドでイベントあったら、絶対に行きたい。東京でも。


イベントの内容はひととおり書いたので、次は時系列的にどこで
言ったかわからない下野さんの発言や行動、私のイベントの感想
を書こうと思います。


[PR]
by allisfullofhiro | 2016-04-26 00:42 | イベントレポ | Comments(0)
<< 下野紘バースデーライヴ@大阪夜レポ⑦ 下野紘バースデーライヴ@大阪夜レポ⑤ >>