七怪家族 第五巻 阿木 感想(ネタバレあり)

声旅イベ夜の部当選してました。
人生2度目の声優イベントに参加します。
勿論ボッチ参戦です。どうしよう、1人で東京まで行くのか。

まさか当選するとは思ってなかったので、メール見たときは目を疑いました。
5月はほんとに仕事が忙しかったので、ご褒美かな。

調子に乗ってファントムイベもまだ一般発売が申し込めたから、申し込んでみました。
これは抽選じゃなくて先着順っぽいので、申し込めたということはチケット取れたということなのかな?
遠征費用が・・・。しばらく緊縮財政です。
てか、ファントムワールド人気ないのかな・・・。まだ申し込めるみたいだけど。
私はファントムワールドは前半は下野さんが出ているから頑張って見てたという感じでしたが、後半の話はとても面白かったのですが。

春アニメは下野さんのセリフが多いアニメがそんなに無いので、下野成分が不足気味です。
ファントムはセリフが多くて毎週楽しみにしてたんだけどな。


さて、七怪家族の感想ですが、良くも悪くもオーソドックスなCDという感じです。
下野さんのかわいい少年声が好きなので、私は楽しめました。安定のDT・・じゃなかった、少年声ですね(笑)。
下野さんの演技は相変わらず素晴らしいのですが、ストーリーは普通です。基本平和で、後半少し切ないシーンがあります。
狛犬はカワイイ性格で、全編とおしてひたすらカワイイ。
私にとってはつまらないということは無いですが、イチャイチャとか甘さは全然無いです。
決して駄目だとは思わないのですが、オススメかと問われると人によるかなという感じです。
何度も繰り返し聞きたくなる程ではないかもしれません。

下野さんは妖かしの狛犬で、幽霊で成仏できていない少女と犬の世話をしたり、一緒に遊んだり、事故ったりするほのぼのストーリー。
ワタシ的聞き所は、最初の寝言をムニャムニャいうシーンと、髪を乾かしてもらって気持ちよくなっているところに、急に耳を触られて「キャン」と思わず声が出るところです。かなりの高音で、まだこんな高い声が出るんだと思いました。

最後のフリートークで、七怪家族にちなんでご家族のことを話されています。お母さんがいい感じですね。
下野さんの「とうちゃん」「かあちゃん」呼びは、私の周りでそういう風に親を呼んでる人がいないので、いつも新鮮に感じてます。
ご両親の話をされてる下野さんはなんかカワイイ。
おもてなシーモでお母さんに電話する下野さんは、かなりかわいかったなー。見てる私は、見てはいけないもの(下野さんのプライベート)を垣間見た気がして少し恥ずかしかったですが。


カワイイ少年声下野さんが好きな方は御一聴を。

[PR]
by allisfullofhiro | 2016-05-29 23:44 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)
<< ジョーカー・ゲーム第11話が神... 声優だって旅しますvol.3 ... >>