祝!下野紘声優デビュー15周年!

日付が変わってしまいましたが、下野さん声優デビュー15周年おめでとうございます!
15年も声優であり続けることは想像以上に難しいことだと思いますが、今後も末永く活躍されることをお祈り申し上げます。
下野さんの声で、演技で、笑顔で、私はいつも癒されています。
これからも遠い場所から細々と応援していきたいと思います。


さて、三好ロスも未だ冷めやらぬ中、とうとうジョーカー・ゲーム最終回ですか(以下ネタバレあり)。
最終回も面白かったな。お当番回にセリフが少なかった分、最終回ではD機関のメンバー中では小田切に次いでセリフが多かったですね。
小田切も軍の出身故か、佐久間と考え方が似ていた気がします。
D機関のメンバーでも情にもろい人間がいるのだと思うと、スパイとしては駄目かもしれないけど、冷徹無比な人間ばかりではないという所が垣間見れて良かった。
情に棹させば流される。それをわかっていながらも、自分の信念は曲げられない。
軍にいたときから小田切はそういう人間だと中佐はわかっていたはずだけど、D機関にスカウトした。
中佐の発言からは、小田切のスパイとしての仕事を認めている節が感じられたけど、唯一の弱点は「ちづねぇ」。
大事なもの、大事な人、大事な思い出など、背負うものが多ければ多いほど、スパイとしては身動き取りづらくなるんだろうな。
スパイとしての仕事ぶりは優秀なのだから、1人くらい人間くさいスパイがいてもいいじゃないかと思うけど、そんなに甘い仕事ではないのでしょうね。ただでさえ少数精鋭なのに、また1人減ってしまいました。

他方で、冷徹無比なD機関のメンバーも意外と優しいところあるじゃない。三好もかっこよかったよ。
下野さん、ほんと良い役もらったね。
最後のセリフも良かった。あれが締めか。第1話の最初の部分と繋がりましたね。
中佐の言い方が優しくて痺れました。

ジョーカー・ゲームのアニメは終わってしまったけど、原作をゲットしたので、少しずつ読んでます。
アニメで端折られた部分や背景がわかるので、原作を読んでからもう一度アニメを見返して見たいと思います。
何度も見たくなる良いアニメでした。

で、二期はいつですか?(笑)

[PR]
by allisfullofhiro | 2016-06-22 01:58 | アニメ | Comments(0)
<< VOICE OVERで傷を癒し... ジョーカー・ゲーム第11話が神... >>