下野紘スペシャルイベント 夜の部レポその①

やっと夜の部のレポです。
誠に申し訳ありませんが、当ブログ史上最も辛辣な投稿になるかもしれませんので、批判的な感想を見たくない方は回れ右でお願いします。


1. ライブパートその① 

ポニーキャニオン曲カバー
① 星空のディスタンス THE ALFEE
② 今宵の月のように エレファントカシマシ
③ Another Orion 藤井フミヤ


まさかのアルフィーで、いきなりビックリしました。アルフィーはポニキャンの大御所だから選んだ感じでした。あとの2つは高校生の時カラオケで良く歌ってたから選んだそうです。
下野さん「昔カラオケで歌ってた曲をパシフィコでやるなんて。カバーもカラオケみたいなもんだしね。音は生音だけど。」
昔歌っていた思い入れのある曲を大きな箱で歌えて感無量という感じでした。

昼の部と同様に下野さん喉の調子も良くて、高音もちゃんと出ていたと思います。
でも、なんというか・・・、表現が難しいですが、最初に星空のディスタンスを歌いだしたとき、私はズコ―――ってなりました(笑)。
ヽ(・ω・)/ズコー
多分練習する時間とかあんまりない中で大変だったと思うんですが、AメロBメロの部分は人前でやるには・・・って感じでした。
あくまでも個人的な感想ですが。
サビで取り戻してましたが、できればもう少し歌い込んでから披露してほしかった。
下野さんが後で言ってましたが、大御所の曲をこんな大きな所で歌うなんてととても緊張していたみたいですね。
下野さんは緊張したり、感情が高ぶりすぎたりすると音を外すことがあるような気がします。
特に夜の部はサビの部分は上手なのに、1番のAメロBメロが迷子になっている曲がいくつかあったように感じました。
下野さんもイヤモニに手を触れたり、心なしか探りながら歌っているように見えました。私の勘違いかもしれませんが。

2曲目3曲目は何度もカラオケで歌っていた曲というもあって、ズコーとはなりませんでした。
安心して気持ち良く聞けました。
私の席は夜の部の方が前方でスピーカーの近くだったので、音が大きくて迫力が凄かったです。
特にドラムの音が耳にというよりは、体中に鳴り響いて、ドラムの音がする度に心臓がバクバクしました。
ドラムのキック強めが好きなのですが、自分の心臓の音がバスドラでできているような感覚になりました。
まるで自分がマーシャルになったかのようでした。


下野さんご出演のアニメのカバー色
④ 紅蓮の弓矢 Linked Horizon
⑤ 疾走れミライ GLAY


紅蓮の弓矢を歌う前に、「坊主のコニーが歌うよー。」って言ってたのが可愛かったです。
紅蓮の弓矢のイントロが流れた瞬間に会場中のペンラが赤に変わっていくのは壮観でした。この曲はめちゃくちゃ盛り上がりました。
この曲聞けて最高でした。
疾走れミライも盛り上がりましたね。爽やかな曲で下野さんにぴったりだと思いました。
下野さん「どっちも主役じゃないけどね。」って笑いながら言ってました。


2. 朗読劇 「ONE CHANCE」

今までリリースしたリアルやワンチャンの歌詞が盛り込まれた朗読劇を下野さんが1人で熱演しました。
最初に伊達さんから、声援は心の中でお願いしますというのと、観客がペンライトで演出に参加する場面がありますというアナウンスがありました。
以下、私がライブから5日経ってすっかり記憶が曖昧になった状態で書いた朗読劇の内容です。
記憶の捏造が多分に含まれていると思います。文章は完全に私の作文となっており、あくまで大体こんな感じというレベルです。


これはとある惑星の、とある奇跡の物語。

ある惑星に少年がたった1人で住んでいました。
家族も友人もなくたった1人でしたが、自由に楽しく暮らしていました。
少年は星屑を集める掃除屋「スターダストコレクター」。
少年「星屑には貴重な金属が含まれているんだ。あっスタープラチナだ!・・・ちぇっ、なんだただの石ころか。
あれがオリオン座で、こっちがおとめ座のスピカ、あれがコト座のベガ。そしてあれが地球かぁ。あの青い部分が全て水なんて凄いなー。あれだけ水があれば好きなだけ飲めるのになー。この星じゃ水は貴重なんだ。」
少年「あと地球には学校があって友達としゃべったり、レストランっていうのがあって友人たちとご飯食べてたわいないおしゃべりをしたり、劇場って所に行けば歌やお芝居が見れたりするんだろ?行ってみたいなー。」

地球では学校に通うある少女がいました。
少女にとって毎日はまるで無限回廊のようでした。毎日みんなと同じ無個性な制服を着て、周囲に合わせて自分を押し殺して生きていました。
少女「もうこんな人生やだ。いつまで続けていくんだろう。」
携帯電話の着信音が鳴り出しました。
少女「もうほっといてよ!」
現実を断ち切るかのように携帯電話を窓に投げつける少女。バリンと大きな音がしました。
少女「私、いったい何してるんだろ・・・。」少女は泣き出してしまいました。

少年の住む惑星では、いつものように少年が星取網で星を取っていました。
少年「な、なんだこれ!?なんかなってる。どうすればいいんだ!?」
少年は恐る恐るボタンを押してみました。
少年「なんだ?声が聞こえる・・・。おまえは誰だ?ん?これスマホっていうのか?うん。いまどこにいるかって○○星だけど。嘘じゃねーよ。そういうお前はどこにいるんだよ?地球?地球ってあの地球か?」
少年「地球には学校があって友達としゃべったり、レストランっていうのがあって友人たちとご飯食べてたわいないおしゃべりをしたり、劇場って所に行けば歌やお芝居が見れたりするんだろ?」
(少年の話を聞きながら泣き出す少女)
少年「え!?どうして泣いてるんだ?俺何か言ったか?どうしたんだよ?・・・うん、そうか。しんどいんだ。俺はそういうときは歌を歌うよ。俺なんか1人ぼっちなのに、歌作ってるんだぜ。そうだお前に歌ってやるよ。」
少年「♪~君は孤独じゃないよ 誰もが悩み迷い それでも進もうと立ち上がっているんだ 時には一人で 時には皆で それが生きていくということ 君が生きてるってこと~♪」
歌を歌って元気出せよと励ました少年でしたが、少女からの反応はありませんでした。携帯電話の電池が切れていたのです。
少年「おい!何か言ってくれよ!おい!」
なぜ突然少女の声が聞こえなくなったのかわからず、叫ぶ少年。何度叫んでも反応はありませんでした。
少年は少女に会いに行くことを決意しました。でもどうやって会いに行けば良いのでしょうか?
少年はたくさん本で調べました。その中で75年に一度地球の近くを通るほうき星があることを知りました。
少年「そうだ!ほうき星に乗っていこう。」
少年はほうき星がくるのを待ちました。少年は天高く星取網をほうき星にのばしました。
少年はほうき星につかまりました。だんだん腕が痛くなって、息ができなくて苦しかったけど、少女に会うために耐えました。

地球では少女が空を見上げていました。今夜はほうき星が最も地球に接近する日です。
(観客ペンライトを点灯する)
少女「ほうき星かぁ。願い事をしよう。古臭いかもしれないけど。あの子が1人じゃないと教えてくれた。私の背中を押してくれた。」
(願い事を心の中で唱えてください)

ほうき星が地球に接近し、少年は捕まっていた手を放して地球に降り立ちました。
少女「あなたは・・・、もしかしてあのときの・・・。でもどうして?」
少女「これを返しに来たんだ。」
少年は少女に携帯電話を渡しました。
やっと巡り遭えた2人・・・。
これはとある惑星の、とある奇跡の物語。



この朗読劇は大作でしたね。JUNYAさんが書いた脚本に下野さんが意見を言って作り上げたと言ってました。
とてもロマンチックな内容でした。
敢えて言うなら噛んだりトチったりするのは1箇所くらいにしてほしかったです(笑)。
beyond...をアカペラで歌うシーンで歌詞を飛ばして歌ってしまって、「間違えちゃったね。」とセリフにしてフォローしてましたが、下野さんここは間違っちゃダメだよー、って思いました。
でも、夜の部はアーティスト下野紘を前面に押し出した構成にするのに、コントはどうかと思って朗読劇にしたとおっしゃってましたが、大正解だったと思います。
というか、もっと朗読劇やって欲しいです。お笑いじゃない、ガチな1人芝居がみたい。
声優下野紘を堪能できて本当に良かったです。


長くなったので、この辺で。

[PR]
by allisfullofhiro | 2016-10-15 02:09 | イベントレポ | Comments(0)
<< 下野紘スペシャルイベント 夜の... 下野紘スペシャルイベント 昼の... >>