クリミナーレ!X Chara 感想

下野さん、おれパラお疲れ様でした!
COLORS歌ったの!? めちゃくちゃ聞きたかったよー。
COLORSはスぺイベで聞いてからとても気になっています。早くCD化してほしいな。

スぺイベ映像化キターーーー!!!
3月発売かぁ。きっとあっという間なんだろうな。
4月にバーライあるんですか?またこれ結構な倍率なのかな。今回は当たる気がしません。
行きたいなあ。


世間では三連休ですが、私は三連勤でした。休日出勤手当出ないのに(涙)。
下野さんも年末進行で忙しいんだろうなー。私もがんばろ。
弱ペダ三期に下野さん出るんですね!おめでとうございます!弱ペダは見たこと無いけど嬉しいです。出番多いと良いなー。


こんな感じでクリスマスって何ですか?状態の私にクリスマスプレゼントがっ。大好きなクリミナーレ!の三作目です(購入したのは自分だけどな)。以前も書いたかもしれませんが、クリミナーレ!は今まで聞いたシチュエーションCDの中で一、二番目に好きなCDなので新作はとても楽しみにしてました。
平和で甘々なCDが好きな私は、そこまで奇抜な設定やイベントを求めないタイプですが、クリミナーレ!は展開が早かったり、ハラハラドキドキするような出来事があったりで、ある意味安眠妨害CDなのですが息もつかせぬ展開と、カラのキャラと、純粋で甘々なシーンが好きで私的ランキング上位なのです。
圧倒的に期待値が高く、三作目が発表されてからずっと楽しみにしてました。
以下、ネタバレありです。



今回は前回までと違って、カラの所属するマフィアであるアンフィスバエナを潰そうとする対抗勢力に追いかけられているときにインターポールに捕まって、監獄から脱獄するという話です。
何というか、「うっかりカラ君、インターポールに捕まる、の巻」みたいな感じ。カラ君結構うっかりしてます(笑)。
舞台はドイツ、ブレーメン。お嬢との旅行を楽しんでいる時に敵に追いかけられます。細い路地に入ったらそりゃ危ないよね。敵に前後をはさまれます。戦闘中に毒針に刺されたカラは毒薬が体に廻ります。追い詰められて絶体絶命の時に、前からインターポールが。前にはインターポール、後ろにはマフィア。どっちに捕まるのがマシかを天秤にかけて、インターポールに捕まることに。
インターポールの監獄から脱獄してインタポールの敷地内から脱出できるのはディスク2の最初です。つまりCD1枚分弱がインターポールの脱獄の話。その後は敷地内から外へ出てタクシーを奪ってドイツ国内を逃走します。
毒薬を解毒するためにチェコのアンフィスバエナの施設に向かいます。チェコの国境を超える頃にはディスク2の3分の2くらいを過ぎています。今回の三作目はピンチの度合いが高くてかなり緊迫した逃走シーンや戦闘シーンが今までよりも多めな印象です。

それにしても、だ。インターポールの監獄の警備がザル過ぎです。あんなの脱獄し放題です。
あと、インターポールも結構うっかりさんです。
牢屋をカラとお嬢の2人きりにしてくれたり、アクセサリー型の武器の持ち込みを見逃したり。
ツッコみ所が結構ありましたが、脱獄出来なかったら物語が終わってしまうので、まあ仕方ないかな。


今回はカラの成長が感じられるのが良かったなと思います。お嬢第一なのは前からですが、自分の命を軽視していた一作目や、お嬢のことを思ってお嬢から離れようとした二作目と違い、お嬢と一緒に生きられる道を常に考えようとするカラに二人の絆やお嬢への愛情を感じて嬉しくなりました。

クリミナーレって、緊迫した状況の中でも適度にラブシーンがあってイチャイチャしてくるので、甘々なシーン好きな私も満足なのですが、今回も逃げなきゃいけないのに結構立ち止まってお嬢への愛を語ったりします。逃げなくていいの?と聞いてて不安になります。
今回も結構甘いシーンはありましたが、セリフは典型的な文句で幾分さらっとしていた気がします。下野さんの演技もあっさりめだったような気が。
一作目のようにお嬢が好きで好きでたまらない、焦がれている感じというよりは、愛が通じ合っているので精神的にも安定している感じ。好きだよとか愛してるとか言ってくれますが、さらっとしてます。イタリア男の本領を発揮してます。
次回作があれば、もうちょっとねっとりというか、こう書くとエロいシーンを望んでいるみたいですが(望んでもいるけど(笑))、そうじゃなくてなんというか、情熱的な甘いシーンぷりーず(照)。



クリミナーレ!の物語の魅力は、緊張と緩和だと思います。
ハラハラするシーンがあったり、イチャイチャするシーンがあったり。特に一作目はそのバランスが素晴らしい。
今作は緊迫したシーンはツッコみどころが多く、ラブシーンはあっさりしていた気がするので、次回作に期待という感じですかね。


キャストトークは、下野さんドイツ旅行の話をされていましたね。
私もフランクフルトとミュンヘンには行ったことがあるので、聴いていて嬉しくなりました。
ドイツは人が親切だし、インフラが整備されているので観光しやすいし、また行きたいと思っている国です。
下野さんが日本の方が美味しいと言っていたビールですが、私はそもそもそんなにビールに思い入れはありませんが、日本のよりもあっさりしていて飲みやすかった記憶があります。ホワイトソーセージも美味しかった。
下野さんはあまり海外に行ったこと無いとおっしゃってましたが、今までどこに行かれたんだろう。以前オーストラリアの話はされていた気がしますが、いつか他の国の話も聞いてみたいですね。


アニメイト特典CD:イタリアの風を感じて
カラ君と一緒にゲーテゆかりの地であるマルチェージネに行きます。私、カラ君のゲーテ蘊蓄大好きです。
ゲーテの言葉を引用したり、蘊蓄語っているときのカラ君の楽しそうな表情が思い浮かびます。
マルチェージネを観光しているときに花嫁さんに遭遇するのですが、カラ君はお嬢との結婚や将来のことをちゃんと考えているんですね。
カラ君早くお嬢と結婚して幸せになって欲しい。
二作目も今作も最初は観光している所を敵に邪魔されてかわいそうな2人だったので、この特典CDで補完できて良かった。
平和で甘いCDなので、お気に入りです。普段の2人を垣間見たような気になります。
甘いシーンはこの特典CDで補充できます。最後の方の甘いセリフの囁きがヤバい。私ってつくづく下野さんの囁きに弱いんだなと再確認。
今作はあんまりキスシーン多くない気がしますが、最後のキスのリップ音はヤバい。
ごちそうさまでした(爆)。大変満足でございます。
私はキスシーンが大好物なんだな(恥)。次回作はもう少しキスシーン多めでお願いします。
それにしてもスカリジェロ城って下野さん言いにくそう(笑)。

by allisfullofhiro | 2016-12-25 23:03 | 乙女向けCD感想
<< ご挨拶 下野紘の目覚めしもの第10回 感想 >>