明治吸血奇譚 月夜叉 紅 感想

下野さんイベントお疲れ様でした。
私は2月の百花百狼朗読劇まで我慢我慢。
病み上がりなのであまり無理しないでほしいな。

下野さん関連で続々とイベント情報が出ていますね。
バーライは一番行きたいけど当たる気がしないですが、他にも目覚めしものやおもてなシーモのリリイベや、プリライ6thにも行きたいなー。
あー、もっと働かなきゃ。


さて、月夜叉第二作目です。
二作目が出るということは、一作目は結構売れたのかな?人気シリーズなのかな?
吸血系が特に好きではないですし、一作目が結構シリアスというか重い話だったので、そんなに期待せずに聴きました。
が。最近仕事で帰るのが遅かったからか、何回聴いても寝落ちしてしまう(笑)。
今日は休みで、体調も良くなくて1日横になっていたのでようやく聞けました。
以下、ネタバレあります。





今作では北海道を離れて京都へ来るところから始まります。
龍馬と漆という2人の新キャラが出てきて、その2人に要人殺しの仕事をさせられているのかな。
京都へ来ることになってカムイ(狼)を置いてきたレイガでしたが、カムイが今回いないので、如何にカムイの存在が大きかったかを再確認しました。レイガは冒頭でさらっとカムイは置いてきたと触れただけで、それ以降はカムイのカの字も出てきませんでしたが、私はカムイって結構重要なキャラだったんだと思います。カムイが出てこないと味気ないというか何というか。
別にカムイは癒し系でも何でもないですが、前作のような寄り添う2人(というか、1人と一匹)の関係が見れないのが残念でした。
その代わりに今回はノンノ一色でしたね。前作は出会った頃とかはかなりぶっきらぼうでしたが、次第に心を通わせてレイガがデレていくまでの過程が楽しめましたが、今回は最初からノンノ、ノンノ、という感じ。ノンノのことしか頭に無い。

一緒に花びら餅を食べるシーンは、重々しいシーンの多いこのシリーズの中でもほっこりしていて良かったです。
前作でも祭りでキャンデーを買うシーンが好きでした。食べ物の力は偉大だな。

今回聴いていて重すぎてしんどかったのですが、何故ここまでしんどいのかというと、シリアス展開だからというのとは別で、何が起こっているのかが良くわからないというのが挙げられると思います。
このシリーズの他のCDを買っていたらわかることなのかもしれませんが、私は下野さんのCDしか買ってないのでわかりません。龍馬や漆についての描写が圧倒的に少ないです。
一言で言うと「えっと・・・、どちらさんですか?」状態。
龍馬と漆の情報量が少なすぎて、何故彼らからこんな仕事を依頼されているのか、何故彼らに従っているのかが良くわかりません。
京都で住んでいる場所もレイガとのんのは違うらしいのですが、何故離れて暮らしているのか、レイガは誰と暮らしているのかとかも良くわかりません。
「えっと・・・、こちら下野さんのお宅ですか?」状態。
しかも途中はずっとどこかに閉じ込められて軟禁状態です。

ラストは最後どうなったかは解釈が色々できそうですが、一応バッドエンドですよね。
わー、やっちゃった。私が一番苦手なやーつだ。
夜叉は簡単には○○ないんですよね?(申し訳程度に伏字にしてみた)
次回作あるのかな?次回作もあるならもうちょっとレイガを幸せにしてやってください。
下野さんの言葉を借りるなら「笑顔成分」多めで!


そしてお楽しみのキャストトーク。
下野さんは身長が低いキャラが多いから、レイガをやるのが嬉しいらしい。前作でも言ってましたね。
確かに下野さんが180cmのキャラって珍しい。下野さんの声も若干低めですね。
本編がシリアスだから、このキャストトークが癒しです。浄化されます。
下野さんの口からキャンデーという言葉が発せられるとニヤッとします。
レイガにプレゼントするならという質問に対して、レイガの好きなキャンデーをあげると答える下野さん。
下野さん「キャンデーかぁ。のど飴ならいっぱい持ってるんすけどねぇ」
この何気ない発言がプロの声優さんらしくて好きです。
次の質問が京都にまつわるエピソードで、面白いのが良いですとの指示が。
下野さん「そういわれてもさー。いや、無いさー。面白エピソード的なんつーものはね。」
この下野さんの言い方(イントネーション)要チェックです(笑)。
京都と言えば梶君ですって。声旅のこともチラッと触れてました。
しもかじトーク!が楽しめました。どうもありがとうございました。
京都は盆地だから夏暑くて冬寒いから住むのはちょっと・・・な下野さん。
寒いと風邪とかひいちゃうからなー、だって。カワイイ。


今回はタワレコで購入したので、タワレコ特典です。月夜叉超甘味。14分半あります。
本編がシリアスなので、イチャイチャ成分はこれで補充できます。
ノンノに好きだって言ってキスして、もう我慢できねぇって言って、良い感じになっての一言、
「無理だって。俺今すぐ・・・」
これは下野ファンに聴いてほしい。(/ω\) ハズカシー
この一言だけで買った甲斐があった(相変わらずちょろい私)。
イケボ!イケボ!(*´艸`*)
その直後にレイガのお腹が鳴って、色っぽいシーンは即終了するのですが、もうちょっと長くても良かったんじゃない(涙目)?
その後は一緒に料理を作ります。慣れない料理を頑張るレイガがかわいい。失敗してショボーン(´・ω・`)となってるのが。
料理一緒に作ったり、一緒にご飯食べたりって幸せの象徴のようなシーンで聴いていてほっこりしました。
幸せなレイガが聴けて良かったな。
ご飯食べてお腹を満たした後は、冒頭みたいにまたイチャイチャしてくれます。
「今すぐお前が欲しい」とか、「ちゃんと優しくする(吸血的な意味で)」とか言ってくれます。
最後はチュウして終わり。
あー、次回があったらキス成分多めでお願いします(笑)。
吸血系って、血を吸っているシーンがあるからキスシーン少ないのかなー。
表現が難しいのですが、下野さんの吸血の音って結構激しくないですか?めっちゃ沢山血を吸ってる感が出てる気がするのですが。
他の声優さんの吸血シーンを聴いたことがそこまで無いからわかりませんが。結構ジュルジュル系のような気が。リアルさが出ていて良いとは思うのですが。
同じ激しいなら、キスシーンの方が好きなのだけど・・・。キャッ(*/▽\*)
下野さんも前作のキャストトークで自分の唾液を吸ってるって言ってましたね。
吸血鬼とか血を吸う人って大変なんだなーって言ってたので、下野さんが頑張って血(唾液)を吸ってくれてると思うと、ほんとありがとうございますって感じです。
とにかく。この特典CDは良かったです。タワレコ万歳。


まとめとしては、特典CDだけ繰り返し聴くかな。本編は前作の方が好きです。
次の発売は大正黒華族かー。サンプルボイスを聴きましたが、クニエの声が好みすぎる!
何この子、可愛すぎるんですけど。期待大です。


[PR]
by allisfullofhiro | 2017-01-22 23:53 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)
<< ACCA13区監察課 第2話感想 RWBY3 感想 >>