ワグナリア~春の猫組感謝祭~ 夜の部レポその①

日曜日に猫組感謝祭参加してきました。楽しかった!でも狭山市はちょっと遠かった。
日曜日にイベント参加した次の月曜日ってほんとぐったりで、昨日はレポ書けませんでした。オタク活動するにも体力は必要なのですね。運動しなきゃ。
家に帰ったらバーライチケットとペンラ届いていました。いざチケットが届くともうすぐなんだなと緊張してきました。座席はやっぱりかなり後ろの方みたいですが(笑)。バーライは私の中で特別なイベントなので悔いの無いように楽しみたいと思います。
最近あまりに記憶力の低下が著しいので、スマホに脳トレのアプリダウンロードしてちょこちょこやっています。完全に付け焼刃ですが(汗)。


さて、猫組感謝祭のレポです。今回は夜の部のみの参加です。席が最後列の1つ前の席で結構ステージから遠かったので、オペラグラスで下野さんをガン見してましたが、ずっとオペラグラス見てるのは疲れますね。あと倍率を高くすると手ブレするし、視野が狭くなって周りで何が起こっているかわからないですね。
天下のワーキングイベなので、みなさんレポ書かれるのかと思ってたら意外と夜の部のレポが検索しても出てこなくて愕然としています。内山さん中心のレポはtwitterで見かけるのですが、下野さん中心のレポや、全体的なレポが見当たらない。他の方のレポを参考にしようと思っていた日曜日の他力本願な自分を殴りたい。
と言うことで今回は(今回も)、下野さん中心のダイジェスト版でお送りします。

このイベントでも下野さんカッコ良かったです。ほんとツンツンの髪型じゃなくて良かった(しつこい)。下野さん大活躍してます。下野ファン的にはおいしいイベントでしたよ。

今回のレポもいつもと同様に私の儚い記憶を頼りに書きますので、記憶の捏造・改竄・思い違いがふんだんに盛り込まれていると思いますが、それでも良いよという方のみご覧ください。今回も下野さん中心のレポというかもはや下野さんしか見てなかったと言っても過言ではない。


【イベント内容】17:30開始、19:35頃終了
1. 影ナレ
2. OPトーク
3. ローテンションワグナリア
4. VTRクイズ
5. 朗読劇
6. クイズコーナー(一致団結ワグナリア?)
7. EDトーク

・・・順番がもう既に怪しいです。

1.影ナレ

永田役の小澤さんがまず初めに喋りだして、すぐに河野役の下野さんを呼びます。スクリーンには永田と河野が映し出されるのですが、小沢さんは、河野ではなく下野さんとして話しかけてます。
客席のボルテージは既にMAXで歓声が凄くて、小澤さんも下野さんも嬉しそう。
影ナレの後ろで日笠さん達が話していたらしく、ボディクリームの話はもういいよと下野さん。
昼の部でボディクリームが話題になったっぽい感じ?
男性の歓声が大きいので、小澤さんが下野さんに女性客もいるんですかねと言うと、女性の大歓声が。
小澤さんが下野さん(←女性人気の高い男性声優)に女性客も多いことを伝えると、
下野さん「フォローしなくても良いよ。」
最後に小澤さんが長々と話してしまったけどもう出番ですというような内容を話すと、
下野さん「大丈夫。どうせ俺は登場が一番最後だから(笑)。」
と自虐ネタ。



2. OPトーク

ステージ中央から中村さんを筆頭に一人ずつ登場。みなさん最初にポーズを決めてました。
最後に登場した下野さんは後ろを向いた状態で前かがみになって少しお尻を突き出した状態で右手だけ斜め上に上げて登場。
ダメだ、私の文章力じゃまったく伝わらない・・・。

ステージに全員が一列に揃って中村さんから順番に挨拶。進行は中村さん。
最後の下野さんの番の時に、中村さん「以上の8人でお送りしまーす。」と下野さん飛ばされる。安定のいじられキャラでしたね。
昼の部下野さんは大活躍したらしく、
下野さん「俺がいないとクイズ駄目なんじゃないのぉ?(ドヤ顔)」
中村さん「それよりも何で登場のとき、ギニュー特選隊のポーズだったの?」
他に何も思いつかなかったらしい。
キャストの皆さん一様に、昼の部がとても楽しくて盛り上がったとおっしゃっていて、昼の部で結構疲れたみたいでした。
夜も最初からみんな盛り上がっていて、楽しいイベントになるに違いないとオープニング早々から確信しました。

夜の部のMCを誰がするかという話になり、中村さんは俺はもうしないと宣言。
中村さん「誰かMCしたい人~?」
アイムの下野さんと日笠さんが真っ先に手を挙げる。下野さんがアイムの後輩の小澤さんに、こういう時は先輩を押しのけてでも自分がいかなきゃと教えてました。というか、夜の部も小澤さんがMCと決まっていたんですね。
中村さん「手を挙げたのアイムばっかじゃん。事務所の方針ってそれぞれなんだね。」
小澤さん「私1人だけじゃ不安なので、夜の部も下野さん手伝ってください。」
ということで、まずは小澤さんと下野さんがMCをすることに。


3. ローテンションワグナリア

ステージに椅子が運び込まれてコーナー準備が始まると
中村さん「(場面)転換です。」
と言って時間を繋ぐ。
このイベントは下野さんと中村さんがバランサーとして機能してたように思います。経験豊富なさすがの2人って感じでした。
このコーナーはアニメの中で自分のキャラクターがローテンションだったシーンや落ち込んだシーンを1つずつ挙げていくという内容です。昼の部はハイテンションだったらしい。

下野さんが選んだ河野のローテンションなシーンは、第11話の河野が足立にツッコむシーン。
村主さんがどうしてフォークでちくちく刺してくるんだろうという足立に対して、
河野「わからんけど、なんかイチャついている感がしてイラっとしたから、俺の代わりにもう1時間働いてこいよ、足立。」
というシーンです。

下野さん「アニメでは、後半はワグナリアでの恋愛模様が描かれていたから、(恋愛に絡まない河野)俺のシーンは結構削られてる。今のシーンもあのセリフの後すぐに次のシーンに行くし。」
中村さん「出番が丸ごと削られるよりマシじゃん。」
下野さん「そうなったらかなり凹むわ~。」
下野さんは他のアニメでも自分の出番が削られることが多いとおっしゃっていました。原作と違ってその他大勢と一緒に殺されていたり、退場シーンは描かれずにいつの間にか途中からでなくなったりするそうです。
下野さんに限らず自分のキャラのシーンがアニメでは削られることって少なくなさそうですが、自分のシーンが削られるとやっぱりショックですよね。


長くなってきたので今日はこの辺で。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-04-18 22:31 | イベントレポ | Comments(0)
<< ワグナリア~春の猫組感謝祭~... 猫組労働 >>