ツール・ド・ヨワペダ2017 夜公演イベントレポ

ブログ更新を怠っている間におもてなシーモとコープスパーティーのイベントに当選してました。
おもてなシーモは第1部は本会場は外れたのでライビュですが、第2部は本会場です。ライビュの会場を新宿に応募しといて良かった。
7月はおれサマーも含めると3回イベントに参加出来て嬉しいですが、財布と体力がヘロヘロです(笑)。でも精神衛生上必要だから仕方ない。
8月は今のところACCAとコープスパーティーのイベントに参加予定です。特にACCAの朗読劇が楽しみです。
コープスパーティーはホラーが苦手でCDもまだ聴けてないという体たらくですが、イベントまでに予習しておきたいと思います。

今日はプロデューサーKの上映会だったんですね。下野さん前髪伸びたなー。下野さんの前髪は、長めで横に流しているのよりも前髪短めの方が好きです。チームKは仲良さそうですね。微笑ましい。きっとプロデューサーKⅢありますよね。楽しみにしています。



さて。ヨワペダ夜の部ですが、もうレポ書くの止めようかなと思ったくらいに記憶がありませんが、簡易レポです。


【イベント内容】
1. 影ナレ(杉元の前説)
2. オープニング
3. Q&Aジェネレーション(+名場面集)
4. 朗読劇
5. 匿名意識調査
6. ライブパート
7. エンディング


1. 影ナレ(杉元の前説)
昼の部と同じでした。


2. オープニング
もうすっかり覚えていませんが、下野さんの番の時に、即興ソングを岸尾さんあたりに無茶振りされそうになっていて、下野さんがまだ早い、まだ早いって言ってて、鷲崎さんがまだってことは後でやるんだ的なツッコミをしていました。
ほんと下野さん大変だな…。
あと宮野さんは夜の部でもメトロノームダンシングをされてました(笑)。


3. Q&Aジェネレーション(+名場面集)
質問はどんなのがあったか忘れてしまいましたが、泣いたシーンの名場面集は昼の部と同じシーンでした。
鳥海さんが言っていたのですが、感動的なシーンを見ても自分が出ている作品では演技のことなどを考えてみてしまうので、完全には感情移入できないという内容の話をされていて、プロフェッショナルだなーと思いました。自分が出て無い作品でギリと言っていたので、作品を見ていると、宮田さんの演技は凄いなーとか、下野君の声は大きいなーとか思ってしまうそうです。
鷲崎さん「声が大きいって言われてるけど・・・」
下野さん「いつも言われてるんで。」
鳥海さん「声が強い。みんなでオーとか言っても下野紘になるんだよ。」
これは色んな所で言われていますよね。うたプリのときに諏訪部さんが言っていたバナナみたいという言葉を思い出しました。ジュースで何に混ぜてもバナナの味になる(笑)って言ってましたね。
鷲崎さん「じゃあみんなでオーって言ってみます?」
みんなで「オーー!!」
やっぱり下野さんの声が強い(笑)。もしかしたら他の皆さんが薄めに声出してたのかもしれませんが。


4. 朗読劇
大まかには昼の部と同じ流れでしたが、金魚すくい対決ではなく違う対決だった気がします。忘れた~。京伏との対決は射的ではなく輪投げでした。で、結果は夢落ち。


5. 匿名意識調査
弱ペダで兼役で女性役をやったことがあるという質問に4人がYESと回答。誰が推したかは明らかにしないはずなのですが、わっしーが誰が押したか聞いて回ってました。山下さんと代永さんはすぐわかるのですが、あと誰だ?ということになって、小野さんに振ります。
鷲崎さん「小野さんはないですよね~。」
小野さん「(超低音で)きゃ~~!今泉くぅ~ん!」
宮野さん「筋肉すごっ。」
鳥海さんが、弱ペダは実は声高い人多いって言ってました。
鷲崎さん「(下野さんに対して)下野君?」
下野さん「(オカマっぽく)あたしじゃないわよっ。」
下野さんも女性役をやっていたそうです。残りの1人は、
鳥海さん「もしかしたら俺押し間違えたかも・・・。」
イベントには来られてませんが、宮田さんも女性役してるって言ってた気がします。


6. ライブパート
昼の部と同じです。
夏代孝明さん:「ケイデンス」と「トランジット」
佐伯ユウスケさん:「ナウオアネバー」と「タカイトコロ」
佐伯さんは夜の部でも巻島先輩のモノマネをしてました。森久保さんはアーティストさんにもモノマネされるようになったんですねって昼の部でわっしーが言ってた気がします。


7. エンディング
山下さんと代永さんがタッチの幽体離脱とてじなーじゃをパロってペダなーにゃをやってました。
エンディングトークに限らず、ちょこちょこと小野さんが会場のセンターでレースの競り合いを演じてました。
小野さん「ブオオオオオオオ」
岸尾さん「鏑木行けー!」下野さんのセンターに出る。
小野さん「やんのか?」
下野さん「やんのか?」
小野さん&下野さん「やんねーよ。」
からの、
小野さん&下野さん「仲良くやろうぜっ。」
昼の部よりもより仲良くなってる2人でした。


最後は山下さんが「弱虫ペダルはひとつです!」観客「おー!」の掛け声で終わり。

これだけの個性的なキャストさんが揃っている中でも、下野さんは決して埋もれてないというか、別に下野さんが自分が自分がと、前に出てた訳では決してないのですが、色んな人にいじられるおかげで、おいしい場面が沢山あって大満足でした。
もうこれはDVD買って見るしかないですね。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-07-23 22:33 | イベントレポ | Comments(0)
<< 下野紘のおもてなシーモ第6・7... おれサマー! >>