朗読音楽劇「ACCA13区監察課」-Piece of Mind- イベントレポその③

>sabotenさん

コメントありがとうございます!
最近は更新が滞り気味で大変申し訳ないです。仕事が立て込んでいて帰るのが日付変わるくらいの時間だったので、ブログ書く気力がありませんでした。折角来ていただいたのに更新できてなくてすみません。
決して下野さんへの愛が薄れたとか、他に浮気しているとかそういうわけではないんです(笑)。
こうやってコメントいただけると、ブログを書くモチベーションになり、とても嬉しいです。
ACCA朗読音楽劇は本当に素晴らしかったので、レポ頑張って書こうと思っていたのですが、今ではすっかり記憶が薄れてしまいました(汗)。
ブログ書く際の参考になるかなと公式レポートに期待していたのですが、そこまで細かいことは書いていなくて呆然としています。
今回のイベントは映像化されるそうなので、是非そちらで下野さんの勇姿を確認して堪能していただきたいのですが、発売がまだ先なのでそれまでは私のショボいレポで、少しでも雰囲気が伝われば幸いです。

ニコ生の下野さん可愛かったですよね。サンリオピューロランドのクリスマスイベントに行きたいですが、当選するか心配です。
申し込み方法など詳細の発表を首を長くして待ってます。sabotenさんも私も行けますように。
sabotenさんもお仕事お忙しいとのことですが、私自身もう若くないので健康が何より大事だなと最近身に染みて痛感しています。私と一緒にしてはいけませんが、sabotenさんもお仕事大変だと思いますがあまり無理をせず、お体ご自愛ください。
8月が終われば仕事が一段落するので、もう少し更新できるように頑張りますので、また来ていただけると嬉しいです。




下野さんのニコ生やっと見れたー。
てっきりミニアルバムの発売日とかリリイベとか発表になるかと思ってましたが、結構時間かかっているみたいですね。下野さんが忙しすぎるのか、もしくはご自身で作詞作曲しているのかわかりませんが、とても楽しみにしてます。COLORS早くCDで聞きたいな。


さて、ACCA朗読音楽劇のレポの続きです。以下、ネタバレしかない。
オリジナル部分の台詞は私の作文です。あくまで雰囲気をお楽しみください。


6. ジーンとニーノとロッタ:
 (1) ジーンとニーノとロッタ:ジーンの家に遊びに来たニーノのシーン(またの名をショタロッタのシーン)
私のネーミングセンスがあれなのは置いといて。ここは原作にはないオリジナルのシーンだったと思います。
学生時代の話なんだと思いますが、ジーンの家にニーノが遊びに来て、帰るときのシーン。帰ろうとするニーノをロッタ(幼女)が引き留めます。ショタロッタの可愛さ炸裂です。
ジーン「また来いよ。」
ロッタ「もう帰っちゃうの?まだ帰っちゃヤダ。ニーノもご飯食べて行けばいいよ。」
ニーノ「ロッタ、足を掴まれると俺動けないだろう?」
ロッタ「(ドヤ顔で)うん、動けないよ。」
ジーン「(苦笑いしながら)お前、会うたびにチョコあげるからだよ。」
困るニーノ。
ロッタ「じゃあニーノのお家行く。ニーノのお家でご飯食べる。」
ジーン「ほーら、ニーノが困ってるだろう。(ニヤッとしながら)じゃあニーノん家の子になる?お母さんに言っとくよ。あっ、でもニーノの家にロッタの分のご飯は無いぞ。」
泣きべそをかきだすロッタ。
ニーノ「妹泣かすなよ。また来るからね。」
ジーン「じゃあ今度はニーノの家に遊びに行こう。」
ニーノ「えっ!?」
ジーン「いいよな?」
ニーノ「(動揺しつつ、)それはどうかな。親父に聞かないとな。」
ジーン「お前の親父さん厳しい人だったっけ?」
ロッタ「ダメなの?」
ニーノ「そういうわけじゃないけど・・・(ゴニョゴニョ)。わかった、今度な。」
ロッタ「約束?」
ニーノ「うん、約束。」
ロッタ「やったー!じゃあもう帰って良いよ。バイバイ、ニーノ。」
ジーン「食パンにはたっぷりのバターだからな。」
ニーノ「ああ。」

こんな感じ。変わり身の早いショタロッタをひたすら愛でるシーン。
仲良し3人組がわちゃわちゃ楽しそうにしているだけで目元が緩みます。
ジーンのお兄ちゃんぶりにニヤニヤし、急に家に来たいと言われて戸惑うニーノにニヤニヤし、ゲンキンなロッタにニヤニヤしたシーンです。でも家に友達を呼べないニーノを思うとちょっと切ないですね。食パンにはたっぷりのバター。ニーノが食パンをもらったのはこの日だったんですね。


 (2) ニーノ:お父さんと電話しているシーン
ここもオリジナルのシーンだったのかなー。さっきのニノジンロッタの場面の会話を受けての、ニーノの短い電話のシーン。
ニーノ「チョコ買って帰るよ。ジーンが家に来たいって言ってるんだけど・・・。」
ニーノ「いつかさ。いつか・・・。」

そしてここで列車事故の映像。
ニーノと同じく私も呆然となりました。辛くて辛いシーン。


 (3) ジーンとニーノ:ニーノが王位継承権はお前にはないとジーンに言うシーン
原作第5巻のシーン。
ニーノ「はっきりと伝えておかないといけないのは、シュネー様はドーワー家から除籍されていて、王位継承権はお前にはないということだ。」
このセリフから、
ニーノ「・・・気づかれるようなヘマはもうしないけどな。」
まで。
ひたすらに、切ない・・・。

 (4) ジーンとロッタ:ジーンがロッタに、母さんに似てきたなと言うシーン
原作第5巻、(3)の続きのシーン。ニーノと話した後に家に帰ってきたジーン。
ロッタ「こんなに買ってきたの?嬉しいけど!ニーノにもあげていいでしょ?」
このセリフから、
ロッタ「新年のケーキのお礼を伝えに課長さんとカフェに行ったらまたケーキもらっちゃった。リンゴのケーキ。」
まで。

辛い展開が続く中で、ロッタの明るさはある種の救いですね。
ジーンと二ーノの絆は途切れたりはしないと思ってはいたけど、単なるわかりやすい友情とは違う、複雑なバックグランドがあるので、それが余計に切なさを誘いますよね。


7. LIVE ACT:ペールムーンがゆれてる
切ないシーンが続く中で、これまた切ない曲ですね。とても綺麗でした。



今日はこの辺で。
クリミナーレ!でまたスピンオフ作品が出るそうですが。また2人か・・・、と思ってしまった私は贅沢者なのでしょうか。まあ買うんですけどね、できれば別々のトラックで分けていただきたい。無理だろうけど。
下野さん1人のシチュCD発売はCorpse+Heartまで無いのか。コプハーは死んでるしな・・・。ミッドナイトキョンシーみたいになるのかな・・・。シチュCD発売してくれるだけでもありがたいですね。
それまではどうやって乗り切ろうかな。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-08-27 23:19 | イベントレポ | Comments(0)
<< 朗読音楽劇「ACCA13区監... 朗読音楽劇「ACCA13区監... >>