bpm本公演「QUICK DRAW」千秋楽

>sabotenさん

お久しぶりです!コメントありがとうございました。
更新を待っていてくださって、大変恐縮です。こんなこと言ってもらえるなんて嬉しいです。
仕事が忙しくて帰宅が深夜になるとブログを書くよりもまず睡眠が優先になってしまい、休日も仕事だったりするので更新を怠ってしまいました。
書かない期間が長ければ長いほど、ブログってどうやって書いてたっけ?と書いていたときの感覚や、生活リズムを思い出すのに苦労しますね。
ブログを書いていなかったからといって、下野さんへの情熱が冷めたわけではありませんし、むしろ忙しいときほど心の支えです。

sabotenさんもアカセカイベント参加されたんですね!
アカセカイベ楽しかったですねー。下野さんは結構目立ったりいじられたりして、ファンとしては美味しかったですね。

bpmのDVDおススメです。下野さんの出番が多くて大活躍するからというのもありますが、下野さん抜きにしても面白い作品です。
5回見ましたが、早くもDVDで見たいです。自分の見えてなかった部分とかを確認したいです。

私の書く感想の大部分が、良かったとかカワイイとか最高とか、ごく限られた語彙のみで構成されているので、臨場感があるのかは自分ではかなり怪しいですが(爆)、少しでも私の感動がsabotenさんに伝わっていれば嬉しいです(*^-^*)
もっと文章上手くなりたいです。上手く表現できなくてもどかしい思いはしょっちゅうですが、この人何書いてるかよくわからないと思われたとしても、下野紘尊いと読み替えていただければ大丈夫かと思います。私の書いている内容は大体そんな感じです。
沢山お褒めいただきありがとうございました。sabotenさんのコメントに勇気づけられて、とても嬉しかったです。
今後とも当ブログを宜しくお願いします。





QUICK DRAWの3日目に参加して来ました。
まずは、下野さん、スタッフ・キャストの皆さん、本当にお疲れ様でした。沢山の笑いと感動をありがとうございました。こんなに素晴らしい舞台を観ることができて幸せです。
浅沼さんが下野さんとの対談で仰っていたことを今日のカーテンコールでも仰っていました。
舞台は敷居が高いと思われる方もいるかもしれませんが、bpmの公演はただ楽しかったなーと思ってもらえるようなアトラクションみたいなものを目指していて、遠方から参加していただいている方にも、交通費や宿泊代の分も含めても来て良かったと思ってもらえると思う。
こんな感じのお話をされていました。
確かに東京まで行くのは金銭的にも時間的にも体力的にも負担は少なくはありませんが、自分がかけた負担を遥かに凌駕する作品に出会うことができました。

私は元来よほど酷い状況、例えばセリフを全然覚えていない等では無い限り、自分が何か作品を見て面白くないと感じたとしても、それは自分の好みの問題であって作品の絶対的な良し悪しではなく、自分にその作品の良さに気づける能力が無かったのだと思うようにしているので、行って損したと思うことはほぼ無いのですが、浅沼さんの言葉を聞いて主催者・演者側の心意気を感じて嬉しく思いました。


今日の下野さんの演技も良かったですし、下野さんの演技を堪能できました。
あと、前回の記事での発言を撤回して謝罪しないといけないのですが、前回の記事でネタバレを避けるために伏せていた、下野さんが上手だと褒められていたものはガンスピン(指を使って銃をクルクル回すこと)だったのですが、私はそんなに上手そうに見えなかったと暴言を吐いてしまいましたが、謝罪して撤回します。
今日意識して下野さんのガンスピンを見てきました。なんだったら今日は双眼鏡を使って見ていたのですが、下野さんのガンスピンめっちゃ上手かったです。
初日のガンスピンの所そんなに上手く見えなかったのですが、きっと後方席すぎて見づらかったのか、もしくは幻覚を見たからでしょう(笑)。大変失礼しました。


今日のカーテンコールの下野さんの挨拶で印象に残っているのは、bpmでいつかまた舞台やりたいと言ってくれたことです。下野さんにとっても良い経験になったんだなと聞いていて嬉しかったです。
あと、スタッフさんや他のキャストさんへの拍手を促す姿勢も素敵だなと思いました。最後に誘ってくれた浅沼さんに拍手を振ってました。そしたら浅沼さんが地球に拍手と振ってました。壮大(笑)。他のキャストさんが挨拶したときでも下野さん誰よりも熱心に拍手していてそんな所が下野さんらしくていいなと思いました。
千秋楽のカーテンコールは最後に全キャストが1人ずつ役名と自分の名前を順に言っていくのですが、シナモン役のキャストさんがシナモン役ではなくしもんぬ役とわざと間違えて下野さんが指差してツッコんでました。座長でもやっぱりいじられキャラは健在ですね。


うろ覚えな上に下野さんの発言の意図がよくわかっていないのですが、下野さんが今回の舞台を経験して声優・俳優にかかわらず、演技に携わるもの同士、みんな同じなんだなと思ったと仰っていました。
私の勝手な解釈ですが、声優俳優の区別なく役者に共通するものをメンバーから感じ取ったということだと思ったのですが。上手く言えないのですが、というかここからは私の妄想なのですが、以前から下野さんの他者への共感力というか、受け入れる能力みたいなものが凄いなと思っていて。理解しようとする姿勢というか、自分と違う価値観を排除しない感じが素敵だなと私が勝手に思っている部分で。そういうのを一言で言うと器が大きいということだと私は思っています。
立場や考えが違っていても、根本はみんな同じなんだという考えは、下野さんが初めて作詞作曲したbeyond…に通じるものがあるなと。鈴村さんも以前下野は何されても全然怒らずに受け入れると仰ってましたし。
なんか意味不明ですみません。言いたかったのは私は下野さんのそういう所が素敵だと思うし、下野さんがこんなにも周りから愛されてる理由の1つなのではないかと思っただけです。
妄想乙…っと(恥ずかしくなったのでセルフツッコミ)


話が脱線してしまいましたが、本当に最高の舞台でした。DVD迷われている方がいれば、買いだと思います。見所は下野さん考案のチャイコフスキーネタです。脚本の浅沼さんではなく、そこだけは下野さんが考えたというか浅沼さんから無茶振りされたそうです。
見てない方には何のこっちゃですみませんが、言葉では説明できないので、映像で確認してください。
他にも見どころは沢山あるので安心してください。


あと、パンフレット見ていて思ったのですが、主題歌の歌詞が凄く良いです。
下野さんのcolorsともコラボしていますが、colorsはカーテンコールでかかるぐらいでした。
主題歌のQUICK DRAWはMAGIC OF LiFEの曲なのですが、このバンドはジョーカー・ゲームのED曲歌ってるバンドなんですね。ジョカゲのこの曲が大好きだったので同じバンドと知ってテンション上がりました。


なんか良いなぁと思ったのが、今日は2人で見たのですが、最初に見た金曜日の公演は1人で見てたんです。
初日の公演を観た後、きっと私は、素晴らしい作品に触れた感動で目がキラキラ輝くかのように興奮し、心の中で溢れた感情を吐き出すかのように幸福な溜息をついていたと思うのです。1人だったのでその感情を誰かと共有することはできませんでしたが、その代わりに一人で深い余韻に浸っていました。
今日初めて公演を観た友人が、そのときの私と同じ顔をしていたんです。私もきっと同じ表情をしてたと思うんです。彼女の興奮が目の輝きから伝わってきました。
人にこんな顔させるなんて、役者ってとても素敵な職業ですね。


あー、終わったばかりだけど、早くDVDで見たいな〜。

[PR]
by allisfullofhiro | 2018-04-22 22:16 | 下野紘 | Comments(1)
Commented by 玄米茶とポン酢 at 2018-04-23 22:17 x
5公演完走お疲れさまでした!もう、控えめに言っても最高でした!舞台演劇を暫く見ていなかったので最近は舞台装置も凄いことになってるんだなーとびっくりしました!下野さんの若造はまさにはまり役でしたね……初日は緊張なのか小道具倒したりちょこちょこ噛んだりしてましたが決めるところはビシッと決めてくれてましたね!実は今回二回とも席には恵まれて特に初日はかなり前の席で拝見してましたがカーテンコールの際、初日はずっと下唇を噛み締めている姿が印象的でもしかしたら下野さん真面目だから細かい点を反省してるのかな?と見てました……私の勘違いかもですが。2日目夜は台詞が飛んで聖先生にフォローされてましたね。でも頑張って建て直してました。あ、響さんが書かれていたガンスピンですが、明らかに2日目上達してました(笑)あながち間違ってないと思います。より滑らかになりました!カーテンコールでスピン誉めらた時に、実はビリーが自分のガンホルダーに手を添えて下野さんに(披露します?貸しますよ?)見たいな視線を送っていたので私も下野さんを見ていたのですが気づいてくれなかった!残念(笑)感想を上げればきりがありませんが、とてもいい舞台で下野さんを抜擢してくれた浅沼さんに感謝です。アドリブの時から凄い頭が回る方だと思ってましたが…ストーリーや舞台の見せ方、感心しきりです。そしてアドリブで二人を引き合わせてくれた鈴村さんにも感謝です!主題歌もジョーカー・ゲーム繋がりで絶対いい曲だと信じて観る前からサントラ買っちゃいましたが正解でした!……DVDが公演前から予約されてたのもびっくりしました!もちろん予約しました( ・∇・)11月まで待ちきれません!…長文になって申し訳ありません!でもそれほど素敵な経験でした!
<< bpm本公演「QUICK DR... 祝☆下野紘さんお誕生日 >>