カテゴリ:乙女向けCD感想( 17 )

ハートサプリメントシリーズ スキマタイム SUNDAY 感想

今日は下野さんのミニアルバム予約イベ当落日でしたね。下野さんのイベント参加は、私にとってもはや生きがいと言っても過言では無いです。

私はミニアルバムきゃにめで4枚、アニメイトで4枚の計8枚購入して、予約イベント4公演を各2口ずつ申し込んでいました。
大阪きゃにめ回、落選しました。他は当選してたから、何贅沢言ってんだと思われる方もおられると思いますが。
2口ずつじゃ足りなかったかぁ。ミニアルバムは1枚当たりの金額がシングルよりも高いし、最近の当選率の高さを見ていると2口申し込めばどっちか当たるんじゃないかと甘く見てました。twitterではかなり当選率高いのになー。
落ちたのは仕方ないのですが、せめて落選メールが欲しいなぁ。
私のヤフーメールは今まできゃにめからの当選メールが届くのが少し遅かったので、もしかしたらと残業中も何度もメールチェックしては落ち込むを繰り返してしまい、全然仕事が手に付かなかった・・・。
逆転裁判のイベントは両部落ちていたので、その分予約イベは当たってるんじゃないかと思ってたのですが。下野さんのイベントの中でも単独イベントは特に行きたいイベントなので、ちょっとショック大きいです。



・・・というわけで。
落ち込んだとき、癒されたいときに私が聴くシチュCDを紹介します。
その名は「ハートサプリメントシリーズ スキマタイム SUNDAY」。
この陽向(ひなた)というキャラクターの声が可愛くて可愛くて。是非下野さんファンに聞いて欲しい。
ゆるーい語り口の下野さんの演技を聞いていると、イライラしていたり、落ち込んだりした気持ちも、ほっこりしてなんかどうでも良くなります。脱力系CD。かなり好き。
私がどれだけおススメかと言うと・・・、他の方が書いたアマゾンのレビューをご覧ください(他力本願)。レビューでも皆さん可愛いって絶賛してますね。
そんなスキマタイムを少しだけ紹介します。



1. スキマタイム取扱説明書
このCDは1トラックあたり3~4分と短めで、1日の朝の始まりからおやすみまでそれぞれの時間に結構区切られていますが、この3分くらいのプロローグ的なこのトラックだけでも買った甲斐があった。だって可愛すぎる。
このトラックの前半は淡々と喋っているのですが、最後で
「今日は俺と一緒にまったり、ゴロゴロしよう?」と言うのですが、この「ゴロゴロしよう?」がイイ!(・∀・)


2. おはよう・・・・・・?
冒頭で目覚まし時計が鳴るのですが、寝ぼけながら「私」に
「時計、そっちじゃない、こっち。」
っていう言い方が可愛いです。
眠そうな声でしゃべるのでこっちまで眠たくなります。
「俺を一人残して先に起きるんだ。ふ~ん。」と拗ねるのが好きです。
もう可愛いとしか言えない。いつものことだけど。


3. のんびり朝ご飯
起きたら「私」が朝ご飯を作って一緒に食べるのですが、
「俺も食べるぅ~⤴。」「じゃあ俺は食べる係ぃ~。」「染~みわたる~。」は必聴です。
豪華なご飯を作った「私」を絶賛して褒めてくれます。
そして口を開けて「私」に食べさせてもらおうとする陽向。「あーん」と口を開けて待ってるしもn・・・じゃなかった陽向を想像すると可愛すぎてニヤニヤしちゃいます。
美味しいものを食べさせてもらって幸せを感じている陽向の声を聴いてるとこっちまで幸せになります。
そして食べたら寝ちゃう(笑)。


7. 3時のお茶の準備
何かしようよーと「私」にせがむ陽向。昼寝とか昼寝とか昼寝とか。
「えー、何でそんな顔してるの?昼寝ダメ?」が私的聴き所です。昼寝ダメ?の言い方がカワイイ。
「わ~い、やったね。」「(お茶を)先に飲もうとしたバツかぁ。むー。」も可愛い。
陽向が口を開けば、何を言っても可愛い。


9. スーパーでお買い物
みなさんは近所のスーパーに買い物に行くのにおしゃれして行きますか?この「私」ってかなり女子力高い・・・。
だからかなー、いまいち「私」に感情移入できないのは(笑)。
重いでしょ、持つよとカゴを持ってくれるのですが、その隙に自分の欲しいお菓子を入れる陽向。小学生みたいなことする陽向にキュン。美味しいご飯作るからと「私」に説得されてお菓子は返しに行くのですが、ご飯に喜びながら「ごっはん!ごっはん~⤴」だって。


10.暗がりの帰り道
スーパーからの帰り道、暗くなってます。
「ねえ、手ぇ繋ご。だって暗いから迷子になっちゃうでしょ。・・・ううん。あんたが、じゃなくて俺が。」
「私」に手をつなぐのをせがむ陽向、手をつなげてご満悦の陽向。可愛い。
小学生みたいと「私」に言われます。完全同意!でもそれがイイ!(・∀・)


15.歯磨きは気を付けて
「ん?何?歯磨き?ヤダ。」と寝ようとする陽向に、「私」が起こそうとすると「わかったからゆさゆさしないで。」と言う陽向がカワイイ。
ホント、このCD下野さんの演技が光ります。
あとうがいする演技が上手い。本当にうがいしているみたい。
歯磨き粉が激辛ミントで、辛すぎて悲鳴を上げる陽向。
聴き所は、「まだ口の中がヒリヒリする。これ飲む用の水?(ゴクゴク)くぅぅ!ヒヤリするぅー!!」の部分です。


16.おやすみ
このトラックは聴き所満載です。眠そうに喋るところや、優しく囁きながら喋る陽向がイイ。
以下、下野さんの演技が好きなセリフ。
「はやくこっちおいで。ちゃんと布団掛けてる?そっちもっと掛けなよ、体が冷えちゃうよ。」
「どうしたの?寒い?」
「俺が見てたらダメ?」
「じゃあここで見てる。」
「あんたが寝るまでここで見届けないと。それが俺の役目だから。」
「眠れるまで俺の手握ってていいよ?気にしないで。俺はあんたの役に立ちたいから。」
「私」が眠るまで起きてようと頑張る陽向が可愛すぎ。でもすぐに睡魔に負けて眠ってしまうのがまた良い。



・・・私、いつも通り可愛いしか言ってませんね。このCDは大好きなのですが、陽向がゆるーい喋り方なのでかなりの確率で途中で寝てしまって最後まで聴けません。聴いている間に平和な気持ちになって、気分良く眠れます。おススメです。
今日は陽向に癒してもらおうっと。別に今日日曜日でもないしっ、というか今日も明日も休日出勤だしっ。先週も休み無しだったしっ。
くっ(>_<)


・・・って思ってたら当選メールが来た。メール受信時刻23:00って遅すぎない?他の人は16時くらいに来てたので、てっきり落ちたと思ってました。今までで最遅です。大変お騒がせしました(恥)。すみませんでした。
でもショックの衝撃があまりにも大きかったので、まだ傷というか喪失感が癒えてません。
整理番号的にかなり後方席のようですが。とりあえず、予約イベント全部当選してて良かったです。
ミニアルバム自体もとても楽しみにしているので、早く聴きたいです。

[PR]
by allisfullofhiro | 2018-01-27 00:44 | 乙女向けCD感想 | Comments(3)

イケメン革命シチュエーションCD~レイ=ブラックウェル編~感想

進撃イベのレポをほったらかして、ずっと楽しみに待ってた久しぶりの下野さん単独のシチュCDの感想を書きます。
とにかく、このイケメン革命のシチュCDは、最高というほかありません。私はイケメン革命のレイが好きで、元々かなり期待値が高かったのですが、その上を行く作品です。兎に角良かった。久しぶりに大ヒットです。私の中では。
それをこのブログを見に来ていただいている方に少しでもお伝えできればという思いで、深夜にも関わらずブログ書いてます。
いつもより若干テンション高めにお送りします。

以下、ネタバレありです。



いやー、もうほんと、最近下野さん単独のシチュCDの発売が無くて、かなり下野紘成分不足できつかった。クリミナーレの新作があまり好きではない感じだったので余計に辛かった・・・。
イケメン革命のレイのシチュCDが出ると知ったときはかなりテンション上がったのですが、アニメイトオンラインで予約しようと思ったら販売終了となっていて、愕然としました。でもすぐに復活していてちゃんと買えてほんと良かった。
因みに今はアニメイトオンラインもステラワースもお取り寄せになってますね。
スマホで初めて私がダウンロードしたゲームがこのイケメン革命でしたが、まんまとレイにはまりました。だからレイの思い入れは強いです。
甘々なシチュエーションが好きな私でも、youtubeの公式の視聴動画は最後まで聞くのに何度か一時停止をしないと聞けないくらい甘くて、聞いていて恥ずかしくなりましたが、CD本編も後半はずっとそんな感じです。
私は今1回通して聴きましたが、甘々のため2回目聴くのにとても気合が必要になるので、そうそう何回も気楽に聴けないと思います。でも好きだ。
これぞシチュCD。これぞ王道。特に内容が濃いというわけではないのですが。ストーリーはいたって普通です。
でも優しくて甘いレイがもっと大好きになりました。私の文章力では伝えきれないと思いますが、本当におススメです。甘いのが苦手でなければ、シチュCD好きな方、下野紘さんファンの方に全力全開でお勧めします。
逆に甘い恋人同士のシチュが苦手な方は、かなり糖度高めなのでやめといたほうが良いと思います。


01. プロローグ
イケメン革命の世界観、アリスや黒の軍などの説明をしてます。
やっぱレイの声イケボやわ~。良い声だわ~。下野さんの落ち着いた優しい声が癒してくれます。絶対脳内でアルファ波が大量に出てる。
下野さん結構ゆっくりめに喋ってる気がします。声のトーン的には眠りに落ちるのに最適な感じなのに、この後のトラックが目が覚めるほど甘いから眠れません(笑)。


02. Secret Date ~レイ~
レイとのデートCDなのですね。
最初の方で手をつなぐのですが、
「手、繋ぎたいの俺だけ?」という台詞の下野さんの演技が良い!
デートは、まずは路地裏に猫を触りに行きます。
デート中に猫と戯れるレイが可愛い。猫にも優しく話しかけてるレイ。私が連れて帰りたいわ(笑)。
「(猫に対して)何?おまえどこから来たの?ん?」
ここの下野さんの言い方が優しくてヤバい。

そのあとレイが私がフェンリルからもらった鍵のネックレスを見て、その鍵に見覚えがあると言います。
その鍵は以前レイとフェンリルが埋めたタイムカプセルの鍵で、2人でタイムカプセルを埋めた場所に行きます。
ここで1つだけ私がひっかかったというか、ひいた場面が。
アリスが鍵を使って勝手にタイムカプセルを開けちゃうんですよね。レイとフェンリルのタイムカプセルなのに。このCDで唯一ちょっとだけ不満な点です。
でも下野さんの
「待て待て待て待て。こ~ら、そこまでだ。」
という言い方が好きすぎるので許す(笑)。
レイがアリスのワガママを全部聞いてあげているのが良いですね。アリスに見つめられるということを聞いてしまうレイ。
なんだかんだ尻に敷かれてるんですね。

レイがパスタのお店に行くかと誘うのですが、ルカが作った料理が食べたいとアリスが言ってすぐに帰ります。もうデート終わり?
もうちょっと色々あったら良かったな~。

家に帰ってご飯食べた後、部屋に2人きりになります。が。が。が。ここからが超絶甘いです。私は何回口から砂を吐いたかわかりません。口から砂とか砂糖とか、なんか色々出たよ。聴いていると恥ずかしすぎて、何回か、一時停止してしばらく他のことをして気を紛らわせて落ち着いてから、また続きを聴いてすぐに一時停止するのを繰り返しました。
キスしかしてないのにめっちゃエロいです。聴いているとなんだかいたたまれない気持ちになります。でも好き(笑)。
下野さんの吐息交じりの声が色っぽいです。下野さんのシチュCDの中でもトップクラスにドキドキしました。下野さんの声が艶っぽすぎる。レイはテンション低めの静かなキャラなので、下野さんの演技が過剰だからセクシーというわけでは決してありません。控えめで自然な演技なのにナチュラルに色っぽいのが凄い。乙女ゲームやシチュCDの甘いシーンは特に、演技過剰というか、セクシーさを前面に押し出してるなと感じる方もおられるのですが、下野さんにはそんなこと感じません。下野さんの声の破壊力が凄くてライフがゼロになりました。
下野さんの演技が良いなと思った台詞を挙げようと思ったのですが、多すぎて無理でした。全部が素晴らしい。
「子供みてぇなキスだな。・・・・下手くそ。」
アリスからキスしたら、子供みたいなキスだと笑われるのですが、レイが本当に嬉しそうでほっこりします。「下手くそ」の言い方の優しいこと。若干聞こえづらいのですが「下手くそ」って言ってるんですよね?

で、朝チュンです。ほんと良かった。朝チュンでがっかりせずにホッとする私。
朝から甘いけど、さっきまでとは違って平和な甘さです。良かった。
で、起きたらレイから素敵なプレゼントが・・・。何かはCDを聞いて確認してください。
「だから・・・買った。」の部分の「買った」の言い方が好きです。


03. エピローグ
最後はレイの幸せそうなモノローグで締め。アリスへの愛を語ってます。この終わり方良いなと思うのですが、終わってからすぐにキャストトークが始まるので、もう少し余韻に浸りたかったかもです。


04. キャストトーク
本編からすぐにキャストトークが始まるので、レイとのトーンの違いに少し驚きました。レイの声に耳が慣れていたので、下野さんの地声ってそういえばこういう声だったな、と。緊張しておられたようなので、若干よそゆきの声かもしれませんが。
レイを演じるのに緊張したという下野さん。
色んなことを考えながらレイを演じてくれたんだなーとわかって、とても嬉しかったです。
後はいつもの可愛い下野さんです。いつもの感じのトークなので、さっきまでドキドキしっぱなしでしたが、これを聞いて安心しました。
最後の質問が、聴いているファンにレイのアピールをというものだったのですが、自分が演じているキャラは自分と一心同体だと思ってしまうので、キャラをアピールすることは自分自身をアピールすることのようで恥ずかしいらしい。下野さんっぽくて良いなーと思いました。
このCDは全部で40分くらい。そのうちの4分の1がキャストトーク(笑)。もうちょっと長かったら・・・って贅沢かな。


あー、ほんと良かった。
甘々で大満足なのですが、今後何度も聴くかというとわからないです。
四季彼氏とか、新選組勿忘草の血魂録は、作品としては大好きですが、ほとんど聴き返したりしないCDです。聴くと悲しくなるから。
このCDも聴くとドキドキしすぎてライフがゼロになるから、普段使いのCDにはできないかもですね。
普段使いのCDはもっと気楽に聴ける程良い甘さのやつかな。
・・・普段使いのCDって何だ?(笑)

でも間違いなくこのCD好きです。私の中でイケメン革命のレイがうたプリの来栖翔ちゃんを抜いてしまった・・・。私的ランキング乙女ゲーム部門で我来也と来栖翔を抜いて今単独1位です。すぐに変わると思いますが。この3人が私の中で熾烈な争いをしてます。
長々と書いてしまいましたが、言いたいことは下野さんの演技が最高だということと、迷っておられる方がいるならお勧めだということです。はい。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-11-30 02:25 | 乙女向けCD感想 | Comments(1)

Corpse†Heart 4th Night キルミ 感想

> 玄米茶とポン酢さん

コメントありがとうございました!返信が遅くなって申し訳ありません。
RWBYご覧になったのですね。森のシーンは切なかったです。私も今後のジョーンの活躍を期待してます。ピュラの為にも頑張って欲しい。
ハロウィン翔ちゃん無事ゲットおめでとうございます!ジョーン効果ですね。ガチャは翔ちゃん出るまで際限なく廻してしまいそうでほんと怖いです。石は大切に残しておかないとですね。それにしても翔ちゃんの「トリック オア トリート~!」のセリフ、下野さんの言い方が可愛すぎてヤバいですね。
ランハイDVD見られましたか。物販に4時間も並ばれたんですね。お疲れ様です。ライブは盛り上がりましたよね。私もタオル廻し楽しかったです。私は席運がないので大抵後方席にいますよー(笑)。
リアルのアコースティックver.はカットしないで欲しかったですよねー。できればMCもカットしないで欲しかったなぁ。パシフィコの時は、大人の事情でしょうね。本編カットされた分、特典映像が充実していたと思えば、大満足ですよね。カッコ良くきめてる下野さんも素敵ですが、メイキングの私服の下野さんもキュンキュンします。
ほぼはじ3巻買われたんですね。ほぼはじは特典映像がヤバいです。毎回萌え死ぬかと思います。直筆サイン見られたんですね。羨ましいです。思わぬところで見つけたら嬉しくなっちゃいますよね。そしたらお財布も緩くなるってもんです(笑)。可愛い下野さんをご堪能下さい。
台風一過かと思えばまた台風が近づいているらしいですが、気温変化の激しい昨今、お体ご自愛ください。




さて。久しぶりの下野さん単体のシチュCDです。ミュージカルが特に好きと言うわけではない私は、アンデッドミュージカルCDと書いてありますが、見ないふりです。
以下、ネタバレです。かなりがっつりネタバレしてるのでご注意ください。




このCDの謳い文句が「カレはもう死んでいる。」という、世紀末救世主伝説っぽい印象を受けますが、別にそんなことは無いです(笑)。でも死んでるのかぁ・・・・。ミッドナイトキョンシーの焔華もそうだけど、死体にトキメクことができるかなー私。という一抹の不安を抱えつつ。
このCDを一言で言い表すなら、感情の起伏が激し過ぎない焔華です。設定が似ている分、ミッドナイトキョンシーのCDに近いものがあります。
内容というかストーリーはいまひとつピンとこないのですが、それよりも何よりも!キャストトークを含めて収録時間が43分しかない。あっという間に終わります。それが一番残念かな。



1. LAST DINNER

語りが多めのキャラソン1曲目です。歌詞が完全にネタバレしてます。この1曲でこのCD全ての情報を得ることができますね。
でも下野さん良い声。歌声も良い声。若干ミュージカルっぽく歌ってるのかな?それにしても良い声(それしか言ってない)。


2. Delicious!!

キャラソン2曲目。歌詞の中で、♫~削ぎ落した骨をシャブってみるぅぅ~♪、という部分があるのですが、なんか笑ってしまうのは私だけでしょうか。この歌詞を大真面目で下野さんがレコーディングしたのかと思うと・・・。
下野さんのイケボが堪能できたから良いかな。


3. 復活祭の約束

ここからドラマパートです。良かった。キャラソンオンリーじゃなくて。ほんと良かった・・・。
このトラック5分半しかないのに、最初の1分以上がBGMとSEのみです。
内容は1曲目の歌詞にあるとおりなんですけど、転校してきた私に兄の友達だというキルミが近づいてきて校内を案内してくれます。
事前の情報が過多のため、絶対裏があるんだろうなと思いながら聴くと全然物語に浸れないので注意が必要です。
キルミが良い子そうで、下野さんの声も可愛い感じ。
なんだろ、設定的にも死体なわけだし、キャラソンでネタバレしてるし、ストーリーもそこまで好きじゃないのに、久しぶりの下野さんのシチュCDなのかと思うと嬉しくて涙が出そう。それだけで嬉しすぎてハードルが一気に下がりました。
キルミの「真っ赤になっちゃって、か~わいい。」という台詞があるのですが、あんたの方が可愛いよ!!!と心の中で全力で突っ込みたくなりました。キルミ可愛いです。もう騙されてもいいわ、私(チョロイ)。


4. 襲撃

学校行事の復活祭が始まったら、生徒全員がモンスターっぽくなったらしく私に襲いかかってきます。ザ☆超展開!
キルミは魔術を駆使して私を守ってくれます。ずっと僕がそばにいるからと言ってくれるキルミ。優しい。
この学園の生徒はみんなアンデッド(平たく言えばゾンビ)だという噂があるらしい。じゃあキルミは?僕は人間だから大丈夫だよというキルミ。彼の言葉を信じるおめでたい私。
私がジュエルハートの持ち主だからアンデッドに狙われるらしい。復活祭の時だけ手に入れられるジュエルハートをゲットするとアンデッドは人間に生まれ変われるらしい。
・・・ふーん。
これ以上の感想が思いつかない私は疲れているのでしょうかね。このトラックは説明回ですね。


5. 愛の言葉

キルミの家に避難する2人。私が落ち着くように温かいレモネードを作ってくれます。何それ女子力高くない?
キルミは両親がいなくて独り暮らしらしい。これからずっとここに住んでくれて構わないと言ってくれます。
ここでキルミが私に好きだと告白します。私も好きだと言うと喜ぶキルミがキスしてくれます。
「照れちゃって可愛い」
下野さんのイケボが堪能できます。このトラックここまでは乙女向けCDとしては100点の展開です。が。
「君のこと、もう絶対離さない。だから今すぐ、僕のために死んで?」
なんでだ。
「だから」という接続詞の使い方がおかしいのではないだろうか。
散々好きだと言っておいて、実は全部ジュエルハートの為の嘘でした。
上げておいて落とす。鉄板ですな。
高笑いをしながら嬉々としてネタばらしをするキルミは完全にミッドナイトキョンシーの焔華とかぶってます。長台詞が早口言葉みたいな感じなのですが、下野さん凄い。
地味で何のとりえもない私を好きになるなんてありえないらしい。大して可愛くもないらしい。
ヒドイ・・・(´・ω・`)ショボーン
ジュエルハートを奪う前に私を喰べようかなというキルミ。キルミは肉食らしい。
何でもするから命だけはと命乞いをする私。僕のこと一生好きでいてくれると約束できるなら生かしてあげてもいいと言うキルミ。
またもや超展開。
えー!?殺さないの?
元アイドルのキルミは、生き返ってアイドルになっても流行りが終わればすぐに飽きられる。それよりも一生自分を好きでいてくれる方がいいらしい。それならジュエルハートを諦めてもいいらしい。
かなりの衝撃です。今までこんなに諦めのいい悪役っていましたっけ?
一生キルミのことを好きでいると言う私に、じゃあ言葉にして証明してというキルミ。このトラックのタイトルの愛の言葉は、キルミが囁いてくれるのではなく、私に脅して無理矢理言わせるという意味なんですね。・・・マジか。
私の愛の言葉に満足して喜ぶキルミ。この子、結構おつむがよw・・・(以下略)。
今殺すのはやめておくらしい。
「でも・・・飽きたら、すぐに殺して食べちゃうからね?」
それから毎日のように愛の言葉を言わされる私。軟禁状態です。
「ねえ、君は僕をどう思ってる?」「もっと愛の言葉を聞かせてよ。」
その度に喜ぶキルミ。
「僕を一生寂しくさせないでね。」と言う構ってちゃん。
でも最後は、「飽きたら食べちゃうから。」という台詞と高笑いで〆。


6. キャストフリートーク(約9分)

私にとってはこれが本編です。通常営業です。いつものように下野さんカワイイ。
Rejetの怖い系のCDは元アイドルの設定が多いという下野さん。ミッドナイトキョンシーの焔華もアイドルですしね。
裏表のある役は、騙しているのが心苦しい下野さん。良い人すぎ。でもネタばらしのシーンを演じている時は楽しいという下野さん。可愛すぎ。
「(ネタばらしのシーンを演じるのが)私は好きです。」と何故か2回言う下野さん。そして何が面白かったのか、1人でウケる下野さん。可愛いとしか言ってませんけど、可愛いです。
「今日大丈夫かなー?」と自分のトークを心配する下野さん。大丈夫、いつも通りだよって心の中で言ってました。
キルミと一緒にお祭りを楽しむなら何を食べますかという質問に、キルミの好きな食べ物が人という情報しかないので戸惑う下野さん。あと作中に出てきたレモネードぐらいしかないので、じゃあレモネードを飲みますと言う下野さん。
自分の好きな食べ物ではなく、相手の好きな食べ物を一緒に食べようという発想なのが下野さんらしくて良いな。レモネード売ってるお祭りってレアだと思うけど。
「だってぇ、わからないものぉ~。まだ、キルミとの付き合い今日からだものぉ~。どういうのが好みか知らないものぉ~。」
この後も語尾に「~だものぉ~。」をつける下野さん。この部分必聴です。
最後の聴き手に対するメッセージも言い方がめっちゃ可愛いので是非聴いてください。
最後のバイバイの言い方すらも可愛い。
あー、可愛かったー。満足っ。



いつもどおり、可愛いとしか書いてませんね。
久しぶりのシチュCDでしたが、死体に萌えづらいのと、最初のキャラソンで私の中でガクッと期待値が下がったおかげで、最後まで聞いてみると結構満足しました。
内容はあれですが、下野さんの演技が可愛くて良かったのと、イケボが堪能できたのが勝因だと思います(笑)。
収録時間が短くてあっという間なのと、内容があれなのでどんな人にも勧められるかと言われると謎ですが、久しぶりのシチュCDで嬉しすぎたので、Rejetさんには下野さんの単体CD出してくれただけで感謝です。
また出してね。できるだけ早くにね。楽しみに待ってるからー。
なんだかんだ書きましたが、やっぱりシチュCDって良いなと思ったCDでした。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-10-26 00:11 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)

クリミナーレ! DUELLO カラ&ネロ感想

下野さんのブログの中で、ファンレターを読んで・・・という投稿が一番好きです。
ファンへの想いが伝わってくるような気がして嬉しくなるし、下野さんの優しいコメントを読んで気持ちがほっこりします。
やっぱり素敵な人だなーと再確認しました。
ファンレターって本当に読んでくれてるんですね。出したこと無いけど。ファンレター出せる人が羨ましい。下野さんに想いを伝えられて、それに対して下野さんが何かを感じてくれてブログで反応してくれるなんて最高じゃないですか?ほんと羨ましいです。


さて、久しぶりにシチュCDの感想を書きます。ずっとイベントレポばかり書いていたので、もうイベントレポ書きたくない病を発症しかけていましたが、CDの感想を書けて嬉しいな。
以下、ネタバレありです。



ほんと久しぶりな気が・・・(涙)。今回は2人出てくるので、シチュCDというよりはドラマCDを聞いているような感じがしました。
大好きなクリミナーレシリーズだけど、いつものCDとは全然別な感じです。クリミナーレの世界観や登場人物を使った別作品というか、スピンオフというか。うーん。あくまでもクリミナーレなので決して嫌いではないけど、、、けど、、、という感じです。ツッコミどころは多々ありますが、上手くまとまっていると思うのですが・・・。特に可もなく不可もない感じです。
あと、クリミナーレなのにCDが1枚しかない!私にとってこれは大きなことです。クリミナーレといえばボリュームがあって聴きごたえがある作品なのですが、1枚しかないので結構コンパクト。でもしっかり戦闘シーンは描かれているのです。何がコンパクトにされたのかというと、甘いシーンですね。
私的に一番コンパクトにしちゃいけない部分を省略しちゃった・・・。でも2人いるから仕方ないですよね(ノд・。) グスン



00:Rapimento (誘拐、の意)
コンクラーベが終わって新しいファーザーが選出されて落ち着いてきたアンフィスバエナ。アンフィスバエナ本部で暇を持て余していたカラのところへ諜報部員からお嬢が誘拐されたとの情報が。すぐに救出に行くカラ。途中でネロと遭遇して一緒に助けに行きます。
お嬢を攫われて怒り狂うカラとネロですが、カラの方が冷静ですね。ネロはかなり病んでるんですね。カラの方がしっかりしていてお兄ちゃんみたい。久しぶりにカラの声が聞けてちょっとテンション上がりました。やっぱりカラ好きだなー。


04:Veleno (毒)
ターゼル銃をくらって結局捕まって、手錠で繋がれた3人。お嬢は誘拐されるときに気絶させられたので、誘拐された時のことは憶えてない。気絶させるなんてと憤るネロとカラ。暇だからポーカーしたいなーと能天気なことを大声で話しつつ、本当は敵の人数を確認していた2人。小声で今後のことを相談する2人が頼もしくてカッコイイ。食事を運んできた敵をあっさり倒して逃げ出します。騒ぎに気付いた敵が集団で襲ってきても倒しちゃう。手錠に繋がれてるのに強い2人、スゲーですね。
手錠で繋がれているので裏道を隠れながら行く3人ですが、お嬢の具合が悪くなってきます。頭痛がして蛇の幻覚を見るというお嬢の症状を聞いて、プロジェクトマッキナでカラやネロに使われていた毒薬をお嬢にも投与されたのではと疑う2人。その薬を投与されたら解毒薬を飲まない限り24時間以内に死んでしまうらしい。あのときのことは思い出したくない2人。かなりのトラウマですよね。
黒幕はその毒薬を作ったプロジェクトマッキナの首謀者だったマッドサイエンティスト。
今回のクリミナーレは24時間以内にお嬢に解毒薬を飲ませる為の逃走劇なのですね。


08:MACCHINA (機械)
逃げてる途中に敵に見つかったりしながらもなんとかかわす2人。カラが敵と戦っている時に頬にケガをして血が流れているのをお嬢が見つけます。カラは痛みを感じないので平気だというのですが、お嬢がカラの頬を舐めて血を拭き取ります。お嬢の大胆行動に動揺するカラと嫉妬するネロ。頬を舐められてドギマギしながら照れるカラが可愛い!
でもおかしくないですか?普通相手のケガを舐めたりします?お嬢ってそんなタイプでしたっけ?化膿しないためにとか言ってた気がするけど舐めた方がバイキン入るんじゃ・・・と心の中でツッコミました。本日のツッコミどころMAX地点はここですな。今後の展開的に仕方ないかもしれないけど、お嬢の性格的に無理がある気がしました。
アンフィスバエナに内通者がいたせいでお嬢が誘拐されたことがわかって怒り狂うカラ。内通者が誰かわからないのにアンフィスバエナ本部と合流するのは難しいという状況に追い込まれます。
ここでもプロジェクトマッキナで行われた過去について少し語られます。暗く悲しい過去を背負った2人の兄弟。
今回もまたそのマッドサイエンティストが絡んでいるかと考えると生きた心地がしないと言うネロの言葉は本当に悲痛です。
悲壮感漂うネロと憤るカラに胸が痛みました。


11:Lasciar Perdere (私を置いて逃げて(←自信無いです))
逃走中にまた敵に遭遇します。今度の敵はチェーンソー持ってます。相手のチェーンソーを利用して手錠を切る作戦を立てます。緊迫した戦闘シーンが続きます。クリミナーレシリーズは敵に対してカラが結構怒鳴るので、怒鳴る下野さんの演技が堪能できます。怒鳴ってもイケボ。怒鳴り声聞くのは苦手ですけど、カラならOKです。
敵を倒しましたが、お嬢の容体がいよいよ悪くなってお嬢は気を失って倒れます。
セーフハウス(隠れ家)で目が覚めるお嬢にホッとする2人。何故お嬢がこんなに長い時間生きているのかを訝しむカラ。
私を置いて逃げてというお嬢にキスをして甘い言葉を囁く2人。甘いシーンなのですが、2人から交互にキスされるというのが私は苦手です。
黒幕の科学者は、毒薬を盛った被験者がどうなったか気になって確認しに来るはずだとネロが言います。
盗聴器はどこにも仕掛けられてないみたいだけど油断しない方が良いと、仕掛けられていることに気づいていない演技をする2人。この兄弟の阿吽の呼吸とか、マフィアとしての能力の高さみたいなものを感じるシーンは結構好きです。


Finale (終章)
セーフハウスを出てすぐに敵に追われる3人。お嬢は高熱があり、容体は悪くなるばかり。倒れてしまいます。
ネロが熱を冷ますものを買いに行き、カラはもう一度ジェラルドに急ぐように電話をしに行きます。電波が悪いのでお嬢のそばを離れるカラ。2人がお嬢のそばを離れた瞬間を見計らって敵がお嬢を襲おうとしますが、これは被験者の最後を確認しに来るだろうと予想した、ネロとカラが仕組んだ罠でした。解毒薬はもう無いそうですが、毒に耐性のある人間の血液を飲むと治るそう。
もう、えーっ!?って感じですね。お嬢がカラの頬の血を舐めたから今まで生きてたということでした。あの強引な展開の理由がわかりました。口の中が切れてるからとお嬢にキスをするカラとネロ。・・・・うーん。
とりあえずお嬢の命を救うことが出来てめでたしめでたし。
最後は3人での快気祝いデートのシーンで終わりです。


キャストフリートーク
別録りだったので別々です。まずは平川さんから。我らが下野さんはお父さんの話をしています。以前も書きましたが、下野さんの父ちゃん母ちゃん呼びは、私の周りに自分の両親をそういう風に呼ぶ人がいないので新鮮で萌えます。
下野さんが亡くなったときに、出棺の際に流してほしいBGMの話をしています。下野さんらしくて思わずにやけてしまいました。
ネロとカラのやり取りが悪ガキが悪態をついているようで好きだそうですよ。
最後の下野さんの囁きは笑ってしまいました。最近こういう媚びる系のネタ多くないですか(笑)?
フリトは通常運転の下野さんでした。



まとめると、内容的にはいつも通りのクリミナーレです。
ただダブルキャストなので、私の中での嬉しさが半減してしまっているだけです。
前にも書きましたが、連動特典とかで、他のキャラたちが私を取り合うみたいなCDは好きじゃないんだな。
下野さんだけが良いんですよ。平川さんにはほんと申し訳ないんですけど、下野さんだけのCDが欲しい。平川さんのネロも凄く良かったし、平川さん好きなんですけどね。相手が平川さんじゃなかったら、私の中での嬉しさが半減どころか激減している可能性がありましたけど。
折角のシチュCDなのだから、単体で出して欲しい。複数人出てくるのは普通のドラマCDで聞いてるから。まあ、完全に私の好みの問題ですね。
CD不況の御時世でシチュCDも例外ではなく売上が減少しているのかもしれませんが、ダブルキャストにしたからと言って売上が2倍になったりはしないと思うのですが。でもコスト(ギャラ)は2倍になってるんでしょう?CD印刷代は半分ですむけど。単体でお願いしますよ。


あー、大好きなクリミナーレシリーズなのに次回もダブルキャストかー。
シチュCDの発売がめっきり減ってしまってかなりキツイです。イケメン革命のレイのCDが出るそうですが、どんな内容かはわかりませんが、レイ大好きなので期待大です。
でも楽しみなのそれくらいかなー。シャニライのおかげで何とか生き延びてる感じです。
仕方無いので翔ちゃんツンツンしてきます。ではでは。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-09-24 00:40 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)

ミッドナイトキョンシー天頂遊戯 第伍ノ封印 焔華

デビュー1周年おめでとうございます。
下野さんの3rdシングル「Running High」のMV見ました。結構壮大な感じですね。髪の毛ツンツンなのはそこまで好きではないですが、髪の毛短い方がやっぱり若く見えますね。
曲は最初聴いた時は正直特にピンとこなかったのですが、何回か聞いてるうちに今までの曲よりも爽やかでこれからの季節にぴったりかもと思いました。早くフルで聴きたいです。カップリングにも期待。


きゃにめからメールが来てました。Anime Japanのぽにきゃんブースに参加応募できるシリアルナンバーが書いてありました。
Running HighのCDを早期予約していたので、参加応募できるらしい。全種類4枚予約していたので、シリアルナンバーを4つもらいました。でも今後リリイベが予定されているそうなのですが、これに応募するとリリイベには参加できなくなるそうです。
うーん。30分のAnime Japanのステージのために、東京まで行くのはなぁ。というのもありますが、リリイベに申し込めなくなるなら、リリイベの方が良いしなー。20日までに応募しないといけないらしいけど、もうあんまり日が無い。どうしよう・・・。


さて。ミッドナイトキョンシーです。ラビットちゃんです。以前も書きましたが、私は吸血ものがそこまで大好きというわけではないですし、このシリーズの1作目も決して嫌いではないのですが、癇癪持ちな焔華が特に好きになれず、この2作目も期待せずに聴きました。主人公の私がおバカキャラであまり私の好きなタイプではないのも原因かな。最近のCDの中では最も期待値が低かったです。でもそれが良かったのか、意外と楽しめました。それはシナリオが良かったからというよりは(設定やシナリオ的には星2つくらい)、それを凌駕する下野さんの演技が良かったからです。下野さんの台詞回しが好きな所が沢山ありました。


それではネタバレです。




壱、宿敵
前回の作品の特典CDを聴いてたせいか、焔華と私はくっついたような気がしてましたが、そんなことはなかったのかなー。
ラビットちゃんとは海よりも深い縁で結ばれてるとか、大人気アイドル焔華とキスした唯一の女の子としてもっと堂々としてもいいとか言うくせに、やっぱり封印された恨みは持ってるみたいです。
焔華と唯一キスしたのが私!?もうびっくりですね。
焔華はあんなに女慣れしているのに、・・・この子、どうt・・・(以下自重)
私の立場は1作目と変わらずパシリですね。アイドル雑誌を買ってくるように言われたのですが、その雑誌名が「POTATO(ポタト)」と「明星(めいじょう)」です(笑)。
めっちゃ懐かしい!中学の時買い漁ってました。今は声優雑誌を買い漁ってます。
・・・なんか泣けてきた。

話が脱線しましたが、焔華とライバルのアイドル初々(チュチュ)が転校してきます。焔華よりも初々の方が人気あるみたいで嫉妬が凄いです。初々へのライバル心が今回の軸になってますね。


弐、吸血の痕
初々に人気を取られて、学校の中庭で一人へこんでる焔華のもとへ。今回のCDではへこんでる焔華のセリフが多い気が。
心配する私に珍しくデレます。
「一応お礼は言ってあげる。・・・ありがとう。」
このセリフは是非聞いてほしい。ありがとうの囁きが凄く良かったです。下野さんがイイ。
このセリフだけではなく、落ち込んでる焔華のセリフがいつもと違う一面が見れて、下野さんの演技力が光っていたと思います。
「言葉だけじゃなくて、血、頂戴。」
このおねだりのセリフなのですが、「血」の言い方が凄く好きです。たぶん意図的に声をかすれ気味にしてるんだと思いますが、絶妙です。
この「血」の言い方に、私の血を求めている感情が乗っていて良かったです。
で、血を吸われるのかと思ったらキスされます。
私は焔華に血を吸われたいらしい。血を吸われると気持ちいいらしい。でも焔華はそれをわかっていて敢えて血を吸わない。簡単に気持ちよくさせてあげないという焔華。僕はラビットちゃんに復讐したいと言って、あんたに慰められるなんて気分悪いんだって。デレたのかと思えばツン。上げておいて落とすいつものパターンです(笑)。
でも私が焔華に惹かれているのは嫌な気がしてないとおもうのですが。それでも恨みの方が大きいのでしょうね。
それにしても、私はいつも焔華に噛まれているみたいですね。全身噛み痕だらけだそうです。それってちょっとエロイ気が・・・。


参、お願い
初々に仕事を奪われていく焔華。初々の代役の仕事を依頼されて、さすがにそれは受けられないという焔華。というわけで今日は仕事がなくなって急にオフに。気晴らしに買い物に出かける焔華。そしてたまたまいた私を見つけます。そしたら私に構わずにいられない焔華がかわいいですね。
初々が焔華の仕事を調べ上げて片っ端から奪って言ってると私に愚痴る焔華。
「ストーカーじゃん。こわっ。」
このセリフの言い回しも好きです。
ストレス発散に私を家に誘ってゲームしようと言う焔華。やっぱり私のこと気に入ってるんじゃん(笑)。
これ以上血を吸われたらキョンシーになるかもしれないので、家に行くのを拒否る私。
でもキョンシーになったら、
「ラビットちゃんのこと永久に、たぁっぷり噛んであげられるんだよ?すぅっごく気持ちよくなれると思うけどなー。」
この下野さんの囁きがヤバい。「たぁっぷり」と「すぅっごく」が特に。あとセリフのリズム感というかテンポが良かったです。
下野さんに囁かれたら、「はい、喜んで(即答)。」としか言いようが無いですよね?

初々をもう一度封印してほしいと言う焔華。初々は私の血を使って覚醒することを目論んでいるらしい。キョンシーは一度封印されると力が弱まって、封印前には戻らないみたい。初々が覚醒したら、私もかなわない。
覚醒とは赤い満月の夜に導師の血を吸うと、封印前の力を手に入れられるそうです。
焔華は、自分は覚醒なんて考えてない。今でも十分カッコイイから、だって。


四、いじわる
このトラックは出オチです。私にとって。
多分食事を終えて飲み物を飲んでたのだと思いますが、飲み物を飲んだ後の「んはぁ~。」みたいな吐息から始まります。
この吐息の威力が半端ないです。エロイシーンでは決してないので、下野さんも別にエロくしようとしてないとは思います。でも拭いきれない色気にやられました。まあ多分、私の頭が湧いているんでしょうね。
吐息がセクシーなのは勿論凄いのですが、吐息だけで下野さんがイケボだとわかる。吐息だけで下野さんのイケボを堪能できるんだなーと思いました。イケボってボイスというくらいだから、何らかの声というかセリフを発している場合を想定していたのですが、無声音というか気息だけでもイケボなんだなと初めて思ったのです。多分これ読んでる人には私の言いたいことは伝わってないかもしれません。変なこと書きました。まあ多分、私の頭が湧いているんでしょうね。

ピザを食べて美味しくなくてイライラする焔華。こんなことならラビットちゃんを呼べば良かった、全部食べさせたのにってヒドイ。
でも私のことやっぱり好きなんじゃ・・・。
そして街中で落ち込んでる私を見つけて話しかける焔華。私の首に噛み痕を見つけて怒ります。初々を封印しようとして逆にやられたことを知り、意外にも慰めてくれます。でも間抜けすぎる負け方をした私の話を聞いて、
「っていうかバカでしょ。うん、バカなんだ。」と断定されます。
この下野さんの言い方が可愛すぎる。特に「うん、バカなんだ。」の部分が。「うん」の言い方が好きです。
この後の「体辛いんでしょ?」「涙目になっちゃって。可哀想だから噛んであげようかな~。」という囁きもセクシー。
で、上げておいて落とす。
「ほんと、どうしようもないね~。」のセリフの、力の抜き具合も好きです。


伍、ラストチャンス
後日機嫌が直ったのか電話で学校のプールに呼び出されます。これ以上噛まれたらキョンシーになることを心配して、学校に行くかどうか悩む私に、今日来なかったらもう二度と話さないかもと脅す焔華。いやぁ、相変わらず手口が汚い(笑)←褒めてます。
私が学校に来て喜ぶ焔華。来てくれると思ってたらしい。
「だって体限界なはずだもん。違う?ほら僕の声聞いただけでぞくっとしたよね。やっぱりさ、大好きなラビットちゃんが苦しんでるなんて可哀想だし。」この一連の囁きがたまりません。
「僕の声聞いただけでぞくっとしたよね」というセリフに対して、そんなもの、体が限界だろうとそうでなかろうと、下野さんに囁かれたらぞくっとするに決まってる!と声を大にしてお伝えしたい(笑)。・・・思わずツッコみたくなりました。
私なんてしょっちゅう下野さんの声にぞくっとしてるけど・・・。まあ多分、私の頭が湧いているんでしょうね。

また話が脱線しましたが、この後シャワー室に2人で行きます。初々に噛まれた所を洗いに行くらしい。
このCDって結構シチュエーションがエロくないですか?下野さんもセリフとかエロイし、思わせぶりな囁きも多いし。まあ吸血されて性的興奮を覚えている時点で十分エロイですけど。今回の私の感想がいつもに増して痛いのもそのせいです。間違いない(`ω´)キリッ。(責任転嫁)

そしてシャワー室で久しぶりに焔華に噛まれます。気絶してしまう私。
目が覚めるとなぜ今日呼び出されたのかネタバラしされて、プールに突き落とされて噛まれます。
この吸血シーンもかなりセクシーだし超絶イケボです。

もうね、下野さんの演技はほんとにすばらしかったんです。
でもなー。やっぱりなー。んー、やっぱり両想いが良いよぉ。欲張りですかね。ある意味焔華も私のこと好きだと思うので、両想いなんでしょうけどね。私のことが確実に気になっていると思うのですが、積年の恨みつらみもあって。その愛憎入り混じる感じをもっと自然な感じでシナリオ書いてほしかったかな。焔華の二面性みたいなのは描かれていましたが、落差が激しすぎて単に情緒不安定な感じだったり、ヒステリックだったりというイメージです。CD1枚じゃあボリューム的にそこまで掘り下げるのは難しいと思うので、無理難題を言っているかもしれません
焔華は冷静に考えると単なるDV男のような気もしますが、CV:下野紘なので許す(爆)。CV:下野紘の時点でオールオッケーです。
まとめると、このCDは期待値が低かった分、予想以上に良かったです。下野さんに拍手です。
このCDはセクシーな感じが好きな方にはおススメです。あと、私のように下野さんの演技力やイケボを堪能したい人にもおススメです。


最後はキャストトーク。
焔華はヤな奴だけど、ヤな奴ほど演じていて楽しいらしい。嫌味な役が少ないらしい。確かに下野さんは少ないイメージですね。
最初の質問は下野さんが最近燃えているもの。ダイエットと仕事と歌手活動を挙げてらっしゃいます。歌手活動については、次の作品を作っているとのこと。シングルのことかな。
「ちょっとした個人的な宣伝でした。」がカワイイ。
次の質問は欲しい能力は? 瞬間移動か空を飛ぶだそうです。
私も瞬間移動だなー。空を飛ぶのは高所恐怖症の下野さんは平気なのでしょうかね?
ちょっと楽しくなっちゃった下野さんが可愛いです。
次の質問はもしキョンシーに襲われたらどうしますか? キョンシーについて説明してくれます。結構キョンシーに詳しい下野さん。
下野さんの知っている昔のキョンシーは焔華達とは違うらしい。
下野さん曰く、キョンシーに出会ったら息を止めると良いそうです。とても勉強になりましたね(笑)。
ミッドナイトキョンシーのキョンシーに出会ったら、もうどうしようもない。キョンシーになっちゃうことも致し方無い(笑)らしい。
続編があるのかと心配する下野さん。この結末だったら続編いくらでも出せると思いますけどね。
キャストトークで喋り過ぎたと思ったのか、直接ファンレターで苦情を書かないでとお願いする下野さん。そういうのはRejetさんに言ってもらって、Rejetさんから聞く方が良いらしい。ファンレター読んでて書いてあったら、「あっ」となるそうです(笑)。
そりゃそうですよね。ファンレターにクレーム書いてあると思って読まないですもんね。心の準備できてない状態で読んじゃうとショック大きいですよね。ここ言い方が下野さんらしくて、可愛くて笑ってしまいました。


タワレコ特典CD 密着★キョンシー!
体育館で抱き寄せられます。扉を開けて逃げようとしても扉に細工されていて開きません。
密室で私にめっちゃ迫ってきます。キスされて、噛まれるのかと思ったら「こちょこちょこちょ」とくすぐられます。
この言い方が焔華というよりは下野さんっぽい(笑)。
で、結局は噛まれるのですが、私が涙目になっているところに、
「泣かないで。ラビットちゃんがもっとラビットちゃんになっちゃうよ。」の下野さんが好きです。
この後はひたすらセクシーな囁きが堪能できます。ちょっとエロイです。
下野さんの吸血が堪能できます。血をチューチュー吸うというよりは、やっぱりじゅるじゅる系(笑)。
最後は、あっ、終わったんだという感じで結構急に終わった気がしました。それでも時間は15分くらいあるので特典CDとしてはボリュームは十分です。本編よりも甘い雰囲気なのでこっちの方が好きです。


なんだかんだ言って楽しめたかなー。
で、次のシチュCDの発売はいつですか?どの作品ですか?あれっ、探しても見当たらないのですが・・・。
・・・・(絶句)。
1か月に1枚くらいは出てくれないと、下野成分不足で私がキョンシーになって化けて出そうです(笑)。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-03-17 00:46 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)

大正黒華族 第5章 クニエ 感想

買うの忘れていた目覚めしもの第3巻ようやく来ました。感想はいつになるかな、うん。
Cool Voiceの下野さんも若いですね。20歳くらいに見えます。ポスター無いのか。
前にも書きましたが、CDリリースすると雑誌に沢山載ったり、イベントがあったりで露出が増えて嬉しいですね。楽しみが増えます。



さて、大正黒華族の感想です。いつも通りネタバレを含んでいるのですが、今回は色々考えて物語の核心部分というか結末も書いています。いつもは申し訳程度に伏字にしたりするのですが、今回は結果も書かないと感想を書くのが難しいので。
しかもこのCDは私の中では5段階評価中最低の1です。辛辣な意見も書いているかもしれませんので、読むと不快な気持ちになったり、CD聴く気をなくすかもしれないのでご注意ください。いつも以上に読む方は要注意です。



表現が難しいのですが、このCDは乙女向けCDだと思って聴いてはいけないCDだと思います。イケメンが甘く囁いてくれる系のCDとは一線を画しています。聴く人を選ぶと思います。
CDを聴くと、理不尽な内容にやりきれない後味の悪さをひきずることになります。なにせRejet作品なので、きっと製作者の目論見通りなのでしょうけど。ただ弱者が成す術なく虐待され追い詰められていく様を、強制的に傍観させられているかのようでした。言葉は悪いですが、胸糞悪いというか一言で言うと「やりきれない」といった感じです。人間の持つ闇というか、「毒」の部分を濃縮してぶつけられた気持ちになります。なので、いつもに増して愚痴っぽい感想になるかも・・・。
この感想にタイトルを付けるとしたら「遺憾の意!」になると思います。



第1節 保護
主人公の私が手負いの獣クニエと出会う所から物語は始まります。屋敷に連れて帰り看病するのですが、クニエは完全に人間不信。今まで散々人間には酷い目に遭わされてきた様子です。私の看病を拒絶し、屋敷を出て行こうとするクニエ。でもまだ傷は癒えていないので辛そう。街にはもっと人間がいるので、怪我が治るまでの間だけ屋敷にとどまることに同意するクニエ。屋敷にはいるけど僕のことはほおっておいて欲しいという条件をのむ私。
最初はこんなもんかなと、想定内の展開です。下野さんの声はかわいいのですが、人間に対する不信感や恐れが感じられる声でした。

第2節 雪ヤ
雪を見て感動するクニエ。雪遊びではしゃぐクニエ。下野さんの演技が可愛すぎました。幼いクニエが堪能できます。寒そうな恰好をしているクニエにマフラー、ブーツや手袋をあげる私。私のことを優しいと言うクニエ。距離が縮まった感じ。クニエの方から、怪我が治ってもずっとここにいても良いですかと聞いてきます。私のことをご主人様と呼ぶようになります。一気にデレましたね。もう少し徐々にデレて欲しかった気もするけど、急に私に懐いてくるクニエが可愛すぎるので、別に気になりません。クニエの敬語がイイ。

第3節 手紙
人間が怖いクニエの為に使用人に暇を出した私。使用人かわいそすぎ。ずっと2人だけでいられるんですね、ご主人様独り占めです、と喜ぶクニエが可愛いからまあいいか。家族に手紙を書いている私に、勉強したら僕でも字書けるようになりますか?と手紙を書きたがるクニエ。私が字を教えてあげることに。初めてクレヨンを使って線をひいて感動するクニエ。文字を勉強するクニエがひたすら可愛い。もう可愛いとしか私言ってませんね。紙に自分の名前を書いて喜ぶクニエに、自分のものに名前を書くことを教えると、大事な本に名前を書くクニエ。そして、ご主人様も僕のものですと私の手にも名前を書くクニエが愛おしい。この辺は乙女向けCDっぽいです。この平和な日々がもうちょっと続くと良かったな・・・。シチュCDっぽいのは第2節の途中からと第3節の途中までだけです。
勉強の後はお腹空いたのでご飯作り。包丁の使い方を教えると、これがあれば酷いことをする人間を倒せるんですねと、間違った方向に解釈するクニエに、包丁を人に使うのは悪いことだと教えます。クニエは人には使わない、悪い子にはならないと言いますが、ここでフラグ立ちましたね。
その後見知らぬ人影を見つけて追いかけるクニエ。泥棒らしいのですが逃してしまいます。もう不穏な空気が充満しています。
ご主人様を守ろうとするクニエに旦那様みたいという私。喜ぶクニエ。今日から一緒のベッドで寝ることになります。そばにいないと守れませんと私のそばから離れないクニエ。甘々な雰囲気ですが、クニエの純情ぶりが初々しい感じで聴いていてくすぐったい。
しかし平和な中にも所々不穏な気配があって、甘々な雰囲気に浸れません。

第4節 護ル
ある晩、寝る前にクニエが大切にしている本を私に見せてくれます。本の内容は家族がいない独りぼっちの男の子が世界を旅する物語。クニエは文字が読めないけど絵が沢山あるので内容がわかるみたい。物語の男の子は最後雪の中で目を閉じて死んでしまうのですが、かわいそうという私にクニエは、男の子は幸せになるから安心してくださいと言います。男の子は眠った後天国に行けるから幸せになったと。僕も早く天国に行きたいというクニエ。もうフラグしかない。そのとき、物音がしてクニエが部屋を飛び出します。クニエが私を守ろうとして泥棒をやっつけるのですが、人を傷つけた獣は殺処分されるので私は早く逃げてとクニエに言います。クニエは警察に言えばわかってもらえると言いますが、警察に捕まってしまいます。もうこの後はひたすら可哀想な展開です。

第5節 涙粒
警察に捕まって首輪をつけられて牢屋に入れらます。書くのも辛いです。最初はすぐにご主人様が連れ出してくれると希望を持っているクニエが健気です。ご主人様に手紙を書こうと着ていた服をちぎり、石を使って手紙を書きながら私を待ちます。でもいくら待っても誰も助けに来ません。次第にもう出られないのではと絶望するクニエ。悲痛です。寂しくてすすり泣く演技はさすが下野さんという感じですが、聴いてるこっちは辛いよ。迎えに来ない私を責めるのではなく、自分が悪い子だからと自分を責めるクニエ。
そうしているうちに人間にガス室みたいなところに連れていかれて閉じ込められます。泣きながらご主人様に助けを求めるクニエは悲惨の一言です。

第6節 結晶
ガス室で気を失ったクニエですが、目を覚ますとそこにはご主人様が。やっとご主人様が迎えに来て、牢屋からクニエを出してくれたのでした。私に抱きつくクニエ。牢屋から出るには大金が必要だと聞きましたがご主人様が何かしてくれたの?と聞くクニエが、私の薬指に光る指輪を見つけます。隠そうとする私。再開を喜んでいると私の結婚相手が現れて私を殴ります。憤るクニエ。結婚相手に殴られても、もう相手を攻撃することはしません。もう悪い子にはならないと言い、一方的に殴られるのに耐えるクニエ。絶対にあなたを守ってみせると言いかけたそのとき、突然結婚相手に刺されます。
なんでやねん。
私が言いたいのはそれだけです、はい。
本の男の子みたいに僕も天国に行けるかな。少しだけ先に行って天国で待ってますと言うクニエ。
下野さんの苦しそうな演技が凄いです。特に、吐血したのか咳き込む演技がリアル。他のCDの感想でも書いたかもしれませんが、下野さんの咳やくしゃみの演技ってリアルですよね。

キャストトーク(5分程度)
下野さんにしてはテンション低めでトークも短めです。話の展開に下野さんもやりきれない感じでしたね。
まだ役から戻りきれてない感じというか、作品の世界観から抜け切れてない感じがしました。そりゃそうですよね。あれだけの演技をしてすぐに気持ち切り替えるなんて無理ですよね。このキャストトークはずっとそれを引きずってる感じ。
この作品人気出たとしても続編ないじゃんって言った後に、時間軸変えたら続編が出来ることに気が付く下野さん。そういえば他の作品でも結構死んでたことを思い出して爆笑する下野さん。
動物にちなんだエピソードを聞かれた下野さんですが、スタッフさんからの巻きの指示が出ていたのか、結局話さずじまいで終わりです。
下野さんにしては珍しいフリートークのような気がしました。行き場の無い憤りを抱えていたのかな?

アニメイト特典CD「夜、秘密ノ散歩」(11分超)
夜に雪の公園で遊ぶ2人。イチャイチャラブラブな2人が補完できます。そしてどこまでも初々しいクニエがカワイイ。
本編の毒気にあてられた方は、このCDで癒されてください。解毒CDです。私的にはこれが本編です。
このCDだけ聴けばいいかな。


うーん。このCDは悲惨な話が聴きたい人におススメです。私は二度と聞かないかもしれません。
シチュCDに悲惨な話は求めていないというのはありますが、別にバッドエンドだから嫌だと言っているわけではありません。
でも安易にクニエを不幸にしたり殺したりして、お涙頂戴的な展開は興覚めです。最初からクニエが死ぬことが決まっていたかのような話は好きにはなれません。クニエが死ぬなら、クニエが死ぬべき必然性とまでは言わないけど、自然な流れで納得いくような描写が、ハッピーエンドのときよりも必要になると思うんです。そういうのが無くていきなり殺されたら、なんでやねん、ってなります。
悲しいお話なら泣きたかった。でもこんなんじゃ泣けもしない。少なくとも私にとっては(泣いた方も沢山いたかとは思います)。
結果、クニエも私も幸せにならないエンディングでしたね。誰得エンドなんだろう。
きっと私はクニエを牢屋から出すためにお金を持っている人と結婚したんだろうと思ったのですが、結局クニエは殺されてしまいました。
ストーリーには遺憾の意を唱えていますが、下野さんの演技はとても素晴らしかったです。最後に取ってつけたように書いてますが、本心です。

下野さんの笑顔の映像が見たい。無性にそんな気分になりました。それが一番の解毒になるよ。

[PR]
by allisfullofhiro | 2017-03-06 01:00 | 乙女向けCD感想 | Comments(2)

明治吸血奇譚 月夜叉 紅 感想

下野さんイベントお疲れ様でした。
私は2月の百花百狼朗読劇まで我慢我慢。
病み上がりなのであまり無理しないでほしいな。

下野さん関連で続々とイベント情報が出ていますね。
バーライは一番行きたいけど当たる気がしないですが、他にも目覚めしものやおもてなシーモのリリイベや、プリライ6thにも行きたいなー。
あー、もっと働かなきゃ。


さて、月夜叉第二作目です。
二作目が出るということは、一作目は結構売れたのかな?人気シリーズなのかな?
吸血系が特に好きではないですし、一作目が結構シリアスというか重い話だったので、そんなに期待せずに聴きました。
が。最近仕事で帰るのが遅かったからか、何回聴いても寝落ちしてしまう(笑)。
今日は休みで、体調も良くなくて1日横になっていたのでようやく聞けました。
以下、ネタバレあります。





今作では北海道を離れて京都へ来るところから始まります。
龍馬と漆という2人の新キャラが出てきて、その2人に要人殺しの仕事をさせられているのかな。
京都へ来ることになってカムイ(狼)を置いてきたレイガでしたが、カムイが今回いないので、如何にカムイの存在が大きかったかを再確認しました。レイガは冒頭でさらっとカムイは置いてきたと触れただけで、それ以降はカムイのカの字も出てきませんでしたが、私はカムイって結構重要なキャラだったんだと思います。カムイが出てこないと味気ないというか何というか。
別にカムイは癒し系でも何でもないですが、前作のような寄り添う2人(というか、1人と一匹)の関係が見れないのが残念でした。
その代わりに今回はノンノ一色でしたね。前作は出会った頃とかはかなりぶっきらぼうでしたが、次第に心を通わせてレイガがデレていくまでの過程が楽しめましたが、今回は最初からノンノ、ノンノ、という感じ。ノンノのことしか頭に無い。

一緒に花びら餅を食べるシーンは、重々しいシーンの多いこのシリーズの中でもほっこりしていて良かったです。
前作でも祭りでキャンデーを買うシーンが好きでした。食べ物の力は偉大だな。

今回聴いていて重すぎてしんどかったのですが、何故ここまでしんどいのかというと、シリアス展開だからというのとは別で、何が起こっているのかが良くわからないというのが挙げられると思います。
このシリーズの他のCDを買っていたらわかることなのかもしれませんが、私は下野さんのCDしか買ってないのでわかりません。龍馬や漆についての描写が圧倒的に少ないです。
一言で言うと「えっと・・・、どちらさんですか?」状態。
龍馬と漆の情報量が少なすぎて、何故彼らからこんな仕事を依頼されているのか、何故彼らに従っているのかが良くわかりません。
京都で住んでいる場所もレイガとのんのは違うらしいのですが、何故離れて暮らしているのか、レイガは誰と暮らしているのかとかも良くわかりません。
「えっと・・・、こちら下野さんのお宅ですか?」状態。
しかも途中はずっとどこかに閉じ込められて軟禁状態です。

ラストは最後どうなったかは解釈が色々できそうですが、一応バッドエンドですよね。
わー、やっちゃった。私が一番苦手なやーつだ。
夜叉は簡単には○○ないんですよね?(申し訳程度に伏字にしてみた)
次回作あるのかな?次回作もあるならもうちょっとレイガを幸せにしてやってください。
下野さんの言葉を借りるなら「笑顔成分」多めで!


そしてお楽しみのキャストトーク。
下野さんは身長が低いキャラが多いから、レイガをやるのが嬉しいらしい。前作でも言ってましたね。
確かに下野さんが180cmのキャラって珍しい。下野さんの声も若干低めですね。
本編がシリアスだから、このキャストトークが癒しです。浄化されます。
下野さんの口からキャンデーという言葉が発せられるとニヤッとします。
レイガにプレゼントするならという質問に対して、レイガの好きなキャンデーをあげると答える下野さん。
下野さん「キャンデーかぁ。のど飴ならいっぱい持ってるんすけどねぇ」
この何気ない発言がプロの声優さんらしくて好きです。
次の質問が京都にまつわるエピソードで、面白いのが良いですとの指示が。
下野さん「そういわれてもさー。いや、無いさー。面白エピソード的なんつーものはね。」
この下野さんの言い方(イントネーション)要チェックです(笑)。
京都と言えば梶君ですって。声旅のこともチラッと触れてました。
しもかじトーク!が楽しめました。どうもありがとうございました。
京都は盆地だから夏暑くて冬寒いから住むのはちょっと・・・な下野さん。
寒いと風邪とかひいちゃうからなー、だって。カワイイ。


今回はタワレコで購入したので、タワレコ特典です。月夜叉超甘味。14分半あります。
本編がシリアスなので、イチャイチャ成分はこれで補充できます。
ノンノに好きだって言ってキスして、もう我慢できねぇって言って、良い感じになっての一言、
「無理だって。俺今すぐ・・・」
これは下野ファンに聴いてほしい。(/ω\) ハズカシー
この一言だけで買った甲斐があった(相変わらずちょろい私)。
イケボ!イケボ!(*´艸`*)
その直後にレイガのお腹が鳴って、色っぽいシーンは即終了するのですが、もうちょっと長くても良かったんじゃない(涙目)?
その後は一緒に料理を作ります。慣れない料理を頑張るレイガがかわいい。失敗してショボーン(´・ω・`)となってるのが。
料理一緒に作ったり、一緒にご飯食べたりって幸せの象徴のようなシーンで聴いていてほっこりしました。
幸せなレイガが聴けて良かったな。
ご飯食べてお腹を満たした後は、冒頭みたいにまたイチャイチャしてくれます。
「今すぐお前が欲しい」とか、「ちゃんと優しくする(吸血的な意味で)」とか言ってくれます。
最後はチュウして終わり。
あー、次回があったらキス成分多めでお願いします(笑)。
吸血系って、血を吸っているシーンがあるからキスシーン少ないのかなー。
表現が難しいのですが、下野さんの吸血の音って結構激しくないですか?めっちゃ沢山血を吸ってる感が出てる気がするのですが。
他の声優さんの吸血シーンを聴いたことがそこまで無いからわかりませんが。結構ジュルジュル系のような気が。リアルさが出ていて良いとは思うのですが。
同じ激しいなら、キスシーンの方が好きなのだけど・・・。キャッ(*/▽\*)
下野さんも前作のキャストトークで自分の唾液を吸ってるって言ってましたね。
吸血鬼とか血を吸う人って大変なんだなーって言ってたので、下野さんが頑張って血(唾液)を吸ってくれてると思うと、ほんとありがとうございますって感じです。
とにかく。この特典CDは良かったです。タワレコ万歳。


まとめとしては、特典CDだけ繰り返し聴くかな。本編は前作の方が好きです。
次の発売は大正黒華族かー。サンプルボイスを聴きましたが、クニエの声が好みすぎる!
何この子、可愛すぎるんですけど。期待大です。


[PR]
by allisfullofhiro | 2017-01-22 23:53 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)

クリミナーレ!X Chara 感想

下野さん、おれパラお疲れ様でした!
COLORS歌ったの!? めちゃくちゃ聞きたかったよー。
COLORSはスぺイベで聞いてからとても気になっています。早くCD化してほしいな。

スぺイベ映像化キターーーー!!!
3月発売かぁ。きっとあっという間なんだろうな。
4月にバーライあるんですか?またこれ結構な倍率なのかな。今回は当たる気がしません。
行きたいなあ。


世間では三連休ですが、私は三連勤でした。休日出勤手当出ないのに(涙)。
下野さんも年末進行で忙しいんだろうなー。私もがんばろ。
弱ペダ三期に下野さん出るんですね!おめでとうございます!弱ペダは見たこと無いけど嬉しいです。出番多いと良いなー。


こんな感じでクリスマスって何ですか?状態の私にクリスマスプレゼントがっ。大好きなクリミナーレ!の三作目です(購入したのは自分だけどな)。以前も書いたかもしれませんが、クリミナーレ!は今まで聞いたシチュエーションCDの中で一、二番目に好きなCDなので新作はとても楽しみにしてました。
平和で甘々なCDが好きな私は、そこまで奇抜な設定やイベントを求めないタイプですが、クリミナーレ!は展開が早かったり、ハラハラドキドキするような出来事があったりで、ある意味安眠妨害CDなのですが息もつかせぬ展開と、カラのキャラと、純粋で甘々なシーンが好きで私的ランキング上位なのです。
圧倒的に期待値が高く、三作目が発表されてからずっと楽しみにしてました。
以下、ネタバレありです。



今回は前回までと違って、カラの所属するマフィアであるアンフィスバエナを潰そうとする対抗勢力に追いかけられているときにインターポールに捕まって、監獄から脱獄するという話です。
何というか、「うっかりカラ君、インターポールに捕まる、の巻」みたいな感じ。カラ君結構うっかりしてます(笑)。
舞台はドイツ、ブレーメン。お嬢との旅行を楽しんでいる時に敵に追いかけられます。細い路地に入ったらそりゃ危ないよね。敵に前後をはさまれます。戦闘中に毒針に刺されたカラは毒薬が体に廻ります。追い詰められて絶体絶命の時に、前からインターポールが。前にはインターポール、後ろにはマフィア。どっちに捕まるのがマシかを天秤にかけて、インターポールに捕まることに。
インターポールの監獄から脱獄してインタポールの敷地内から脱出できるのはディスク2の最初です。つまりCD1枚分弱がインターポールの脱獄の話。その後は敷地内から外へ出てタクシーを奪ってドイツ国内を逃走します。
毒薬を解毒するためにチェコのアンフィスバエナの施設に向かいます。チェコの国境を超える頃にはディスク2の3分の2くらいを過ぎています。今回の三作目はピンチの度合いが高くてかなり緊迫した逃走シーンや戦闘シーンが今までよりも多めな印象です。

それにしても、だ。インターポールの監獄の警備がザル過ぎです。あんなの脱獄し放題です。
あと、インターポールも結構うっかりさんです。
牢屋をカラとお嬢の2人きりにしてくれたり、アクセサリー型の武器の持ち込みを見逃したり。
ツッコみ所が結構ありましたが、脱獄出来なかったら物語が終わってしまうので、まあ仕方ないかな。


今回はカラの成長が感じられるのが良かったなと思います。お嬢第一なのは前からですが、自分の命を軽視していた一作目や、お嬢のことを思ってお嬢から離れようとした二作目と違い、お嬢と一緒に生きられる道を常に考えようとするカラに二人の絆やお嬢への愛情を感じて嬉しくなりました。

クリミナーレって、緊迫した状況の中でも適度にラブシーンがあってイチャイチャしてくるので、甘々なシーン好きな私も満足なのですが、今回も逃げなきゃいけないのに結構立ち止まってお嬢への愛を語ったりします。逃げなくていいの?と聞いてて不安になります。
今回も結構甘いシーンはありましたが、セリフは典型的な文句で幾分さらっとしていた気がします。下野さんの演技もあっさりめだったような気が。
一作目のようにお嬢が好きで好きでたまらない、焦がれている感じというよりは、愛が通じ合っているので精神的にも安定している感じ。好きだよとか愛してるとか言ってくれますが、さらっとしてます。イタリア男の本領を発揮してます。
次回作があれば、もうちょっとねっとりというか、こう書くとエロいシーンを望んでいるみたいですが(望んでもいるけど(笑))、そうじゃなくてなんというか、情熱的な甘いシーンぷりーず(照)。



クリミナーレ!の物語の魅力は、緊張と緩和だと思います。
ハラハラするシーンがあったり、イチャイチャするシーンがあったり。特に一作目はそのバランスが素晴らしい。
今作は緊迫したシーンはツッコみどころが多く、ラブシーンはあっさりしていた気がするので、次回作に期待という感じですかね。


キャストトークは、下野さんドイツ旅行の話をされていましたね。
私もフランクフルトとミュンヘンには行ったことがあるので、聴いていて嬉しくなりました。
ドイツは人が親切だし、インフラが整備されているので観光しやすいし、また行きたいと思っている国です。
下野さんが日本の方が美味しいと言っていたビールですが、私はそもそもそんなにビールに思い入れはありませんが、日本のよりもあっさりしていて飲みやすかった記憶があります。ホワイトソーセージも美味しかった。
下野さんはあまり海外に行ったこと無いとおっしゃってましたが、今までどこに行かれたんだろう。以前オーストラリアの話はされていた気がしますが、いつか他の国の話も聞いてみたいですね。


アニメイト特典CD:イタリアの風を感じて
カラ君と一緒にゲーテゆかりの地であるマルチェージネに行きます。私、カラ君のゲーテ蘊蓄大好きです。
ゲーテの言葉を引用したり、蘊蓄語っているときのカラ君の楽しそうな表情が思い浮かびます。
マルチェージネを観光しているときに花嫁さんに遭遇するのですが、カラ君はお嬢との結婚や将来のことをちゃんと考えているんですね。
カラ君早くお嬢と結婚して幸せになって欲しい。
二作目も今作も最初は観光している所を敵に邪魔されてかわいそうな2人だったので、この特典CDで補完できて良かった。
平和で甘いCDなので、お気に入りです。普段の2人を垣間見たような気になります。
甘いシーンはこの特典CDで補充できます。最後の方の甘いセリフの囁きがヤバい。私ってつくづく下野さんの囁きに弱いんだなと再確認。
今作はあんまりキスシーン多くない気がしますが、最後のキスのリップ音はヤバい。
ごちそうさまでした(爆)。大変満足でございます。
私はキスシーンが大好物なんだな(恥)。次回作はもう少しキスシーン多めでお願いします。
それにしてもスカリジェロ城って下野さん言いにくそう(笑)。

[PR]
by allisfullofhiro | 2016-12-25 23:03 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)

一世風靡-逆転大奥恋絵巻- 悦志 感想

羽多野渉さんのフリーライブに行ってきました。
ユーリのED曲の「You Only Live Once」が大好きで歌ってくれるのを楽しみにしていたのですが、生で聞けて嬉しかったです。
フリーライブだから、すぐに終わるのかなと思ったら、3曲も歌ってくれたし、トークもあってトータル40~45分くらいだったかな。
思ったより長くて得した気分でした。狭い会場に400~500人くらいいたのかな?羽多野さんもこんなにいるなんてと驚いてらっしゃいましたね。私はかなり後ろから見ていたのですが、羽多野さんばっちり見えました。
羽多野さんのことはそこまで詳しく存じ上げないのですが、話し方は控えめなのにトークはとても面白い!参加できて良かったです。
フリーライブの後はお渡し会がありました。迷いましたが折角参加券をもらえたのでお渡し会に参加しました。
メッセージカードのお渡し会だったのですが、ホントに一瞬だけなんですね(3秒くらい?)。何を言おうかと考えてましたが、思ってたことはほぼ言えませんでした。とてもあっさりした感じでドンドン進んでいきました。これくらいのペースじゃないと人数さばききれないのかな。
予定時間より早く終わってましたね。
工場のベルトコンベアーで、流れてくる弁当箱の中にひたすらニンジンを入れていく仕事みたいな。・・・そんなバイトしたこと無いけど。
こんなあっさりした感じなら、下野さんのお渡し会でも参加できるかもと思ってしまいました。
「You Only Live Once」は今年一番聞いた曲になるかもしれないくらいヘビロテです。大好きな宇多田ヒカルの新曲よりも聞いてるかも。
聞くとテンション上がる曲です。



さて、本題の一世風靡CDの感想です。いつも通りネタバレありです。
最近仕事が忙しくて(今日も休日出勤でした)、CDを聞きながらいつの間にか寝てしまって中々聴き込めていないので、ふわっとした感想しか書けないかもしれませんが、それでも良い方だけ読んでください。



甘くて平和なCDが好きな私にとってはこのCDは好きです。甘いし、平和だし。でも何というか・・・、もうちょっとパンチがあっても良かったかなというのが感想です。一言で言うと無難。

男女が逆転し、女性が将軍(姫)で男性が大奥に住んで女性を落とす世界観は良いとして、悦志のキャラクターがよくありがちな感じです。
絶世の美男子で女性からモテたであろう悦志が大奥に来て、将軍(姫)である女性をあの手この手で口説くのですが、姫から拒絶されたのをきっかけに態度が豹変します。豹変というか、急激に自信を無くして姫に対して恐る恐る接するようになります。
最初は自信満々だったのが、いきなりキャラが変わったようにおどおどして謙虚になるので驚きました。謙虚というか卑屈というか。ハニーライアーのハルヤみたいだと思いました。
呼ばれてないのに自分から姫の部屋に出向いて口説いていたのに、全く姫の部屋に行かなくなります。
部屋に行かないけど、考えるのは姫のことばかり。そのうちに自分の気持ちに気づく悦志。
そんなとき大奥に侵入者騒ぎが。姫の身を案じ、姫の部屋に駆けつける悦志。その必死な悦志の姿に姫も好きになったのかなー。
不安がる姫に対して姫を守ると頼もしい悦志。2人の距離がぐっと縮まります。
その後侵入者の正体が判明するのですが、そのときの驚いた声が普段の下野さんっぽい声で聴いててニヤリとしました。
全体的に下野さんの地声に近いのかな。
このCDダミヘで耳元で囁くセリフがちょこちょこあるのですが、耳がこそばゆくてひゃぁっとなります。
下野さんのイケボが堪能できるだけで私は大満足です(←我ながらちょろい)。

姫に拒絶されるのが怖くて中々距離を縮められない悦志。
真心のこもった贈り物をして、ようやく告白します。
自分の気持ちを正直に話す悦志に、姫も悦志の気持ちを本気だと信じてくれます。で、めでたしめでたし。

うーん。特に山あり谷ありというわけでもなく、そんなに奇抜な設定やイベントもなく・・・、だからかな、聴いていると眠くなるのは。
自信喪失した悦志が久しぶりに姫に呼ばれて姫の部屋に入るときのセリフで、「姫、悦志だよ。」と言って扉を開けて部屋の中に入るのですが、聴いていてうとうとしていたせいなのか、「姫、悦志だよ。」が、「姫、エッチだよ。」と聴こえて一瞬「!?」となりました。
本当に自分が恥ずかしくなりました(/ω\)
下野さんの滑舌がおかしかったわけではありません。私の頭がおかしかったのです。
頭湧いてるのかな。とても疲れていたんだな、うん(恥)。


で、お楽しみのフリートークですが、相変わらずの下野さんが楽しめます。聴いていてニマニマします。
下野さんは悦志が結構気に入ってるらしい。
特典CDで本編の雰囲気とは違う悦志が描かれていて、本当はこういう子だったんだなとよりわかるとおっしゃっていました。
私はタワレコで購入したのですが、そんなシーンあったかな?と思いました。アニメイト特典の方なのかなー。
アニメイトの方でも買いたくなりました。くっ。
女性だったら良かったと思うときはありますか?という質問の回答が大好きです。特にないっす!と強く言い切っている下野さんが好きです。きっと今充実してるんだろうなと。
一瞬だけ女性になって、こういう辛さ大変さがあるんだってことを感じたいし、女性にも男性の苦しみとかを知ってもらいたいとおっしゃってましたね。誰に向けて言ってるんですかね(笑)。
将軍にはなりたくない下野さん。強く言い切るのがかわいい。下野さんが政治とか・・・無理そう(失礼)。


タワレコ特典:愛しの貴女に心からの文を
和歌を教えて欲しいと姫が悦志に頼むところから始まります。
姫が今まで男性から文をもらったことを知って拗ねてヤキモチを妬く悦志。姫がもらった文に返事を書かなかったことを知って喜ぶ悦志。
ちょっと子供っぽい悦志です。
下野さんがフリトで本編とは違う悦志が特典CDで描かれてるとおっしゃっていましたが、その特典CDがタワレコ特典のことならこのシーンだと思います。アニメイト特典の可能性も高いと思うのでよくわかりませんが。

で、姫に本物の恋文を見せてあげると言って、姫に恋文を書く悦志。渾身の恋文を読み上げるのですが、内容は結構普通でした(笑)。
でもストレートな文章の方が相手に伝わりますよね。
その後の甘い囁きとキスがヤバいです。本当にありがとうございました。
ダミヘヤバいですね。下野さんが息を吸うのとかが聞こえてくると、今息吸ってる~と変なところでドキドキしてしまいます。別に全然エロくもなく、艶っぽい吐息とかでもないのに。下野さんが息吸っただけで動揺する私。完全に変態だな。
説明が難しいのですが、沢山息を吸うと、息を吐いた時にマイクを吹くんじゃないかと心配になるんです。
どう考えてもその時はリテイクとかカットとかになるだろうから大丈夫でしょうが。


色々書きましたが、私はこのCD嫌いじゃないです。寝る前に聞くのに丁度良い。
でも人に勧められるかと言えばどうかな、という感じ。初心者向けだと思います。
シチュCD聴いたこと無い人には丁度良いかもしれません。程良く甘く、正統派乙女向けCDかも。

なんか久しぶりにシチュCDの感想を書いた気がします。せめて1か月に1枚くらいリリースがあればなぁ。
先月は辛かった。でも3月まではRejet作品毎月出るので、Rejet様様です。
次は来月のクリミナーレ!か。楽しみすぎる。

[PR]
by allisfullofhiro | 2016-11-27 23:46 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)

マシュー先生の甘辛ダイエットプログラム 餅のち白ブタときどきネコ 感想

うたプリの翔ちゃん回(第4話)がネットで酷評(!?)されていて、期待せず見たおかげで結構私は楽しめました。翔ちゃんカッコイイ!
こういうと怒られるかもしれませんが、あまりうたプリにストーリー性を求めていないので。でもデュエット曲は・・・。
翔ちゃん回は、熱血系だから肉体派系の話が多いけど、そうじゃないのも見てみたかったな。怒っている翔ちゃんのセリフが多かったのが少し心残りです。アイドルの顔殴らないでーって思ったけど、そんなにケガしてなくて良かったです。
スタリ単独ライブはいつですか?単独ライブあったら全力で応募します。



今更ですが、マシュー先生のCDを聞きました。
プロデューサーKを見て、ダイエット中なので丁度良いかなと思って購入しました。
ながら聞きしたので、さらっとしか聞けてませんが、一応少しだけ感想上げときます。


以下ネタバレありです。

収録時間は70分弱。
下野さんファン的には、元気でお調子者の下野さんや、情けない声の下野さんの演技を堪能できます。ほんと下野さん演技上手いな。
むしゃむしゃ食べながら喋っているのや、お腹と背中がくっついてしまいますぅぅ~と懇願する声がカワイイ。
結構叫ぶセリフも多いので、下野さん大変だったんだろうなと思います。
CDの内容は、飲み会や合コン三昧でどんどん太っていく下野さん演じる主人公が緑川さん演じるマシュー先生にしごかれながらダイエットするというもの。ダイエットの知識が豊富に盛り込まれているので、ダイエット初心者には勉強になるCDだと思いますが、そんなに目新しいものはないです。でも自分は全然出来てないことばかりなので耳が痛かったなー。夜8時までに晩御飯食べるとか、夜10時には寝るとか。仕事していると難易度高いですね。
立花さんのキャラは最初と最後しか出てこないです。出番少な目。


あと、鬼軍曹モードの時の緑川さんの罵るセリフや、優しい時のいつもの緑川さんの美声が聞けます。
鬼軍曹モードの一例
「この虫けらが!」「ウジ虫!」
「貴様にはこの程度の朝食がお似合いだ。」
「貴様にはこの程度の昼食がお似合いだ。」
「貴様にはこの程度の夕食がお似合いだ。」
「別にあんたのためにわざわざ早起きして作ったんじゃないんだからねっ。」(下野さん「謎のツンデレ!?」)

本編に出てくる緑川さんがダイエットの極意をお経調でつぶやいてくれる枕がほしい。

ダイエットの特訓が終わった後のマシュー先生の声が優しくて素敵です。いつもの私の好きな緑川さんの声です。
下野さん演じる持賀君も声が優しいし、良い子。
聞くとダイエット頑張ろうって思います。ダイエット中の方にお勧めです。←そりゃそうだ。
無理し過ぎず、楽しくダイエット頑張ります。

[PR]
by allisfullofhiro | 2016-10-26 00:11 | 乙女向けCD感想 | Comments(0)