人気ブログランキング |

<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イケメン革命シチュエーションCD~レイ=ブラックウェル編~感想

進撃イベのレポをほったらかして、ずっと楽しみに待ってた久しぶりの下野さん単独のシチュCDの感想を書きます。
とにかく、このイケメン革命のシチュCDは、最高というほかありません。私はイケメン革命のレイが好きで、元々かなり期待値が高かったのですが、その上を行く作品です。兎に角良かった。久しぶりに大ヒットです。私の中では。
それをこのブログを見に来ていただいている方に少しでもお伝えできればという思いで、深夜にも関わらずブログ書いてます。
いつもより若干テンション高めにお送りします。

以下、ネタバレありです。



いやー、もうほんと、最近下野さん単独のシチュCDの発売が無くて、かなり下野紘成分不足できつかった。クリミナーレの新作があまり好きではない感じだったので余計に辛かった・・・。
イケメン革命のレイのシチュCDが出ると知ったときはかなりテンション上がったのですが、アニメイトオンラインで予約しようと思ったら販売終了となっていて、愕然としました。でもすぐに復活していてちゃんと買えてほんと良かった。
因みに今はアニメイトオンラインもステラワースもお取り寄せになってますね。
スマホで初めて私がダウンロードしたゲームがこのイケメン革命でしたが、まんまとレイにはまりました。だからレイの思い入れは強いです。
甘々なシチュエーションが好きな私でも、youtubeの公式の視聴動画は最後まで聞くのに何度か一時停止をしないと聞けないくらい甘くて、聞いていて恥ずかしくなりましたが、CD本編も後半はずっとそんな感じです。
私は今1回通して聴きましたが、甘々のため2回目聴くのにとても気合が必要になるので、そうそう何回も気楽に聴けないと思います。でも好きだ。
これぞシチュCD。これぞ王道。特に内容が濃いというわけではないのですが。ストーリーはいたって普通です。
でも優しくて甘いレイがもっと大好きになりました。私の文章力では伝えきれないと思いますが、本当におススメです。甘いのが苦手でなければ、シチュCD好きな方、下野紘さんファンの方に全力全開でお勧めします。
逆に甘い恋人同士のシチュが苦手な方は、かなり糖度高めなのでやめといたほうが良いと思います。


01. プロローグ
イケメン革命の世界観、アリスや黒の軍などの説明をしてます。
やっぱレイの声イケボやわ~。良い声だわ~。下野さんの落ち着いた優しい声が癒してくれます。絶対脳内でアルファ波が大量に出てる。
下野さん結構ゆっくりめに喋ってる気がします。声のトーン的には眠りに落ちるのに最適な感じなのに、この後のトラックが目が覚めるほど甘いから眠れません(笑)。


02. Secret Date ~レイ~
レイとのデートCDなのですね。
最初の方で手をつなぐのですが、
「手、繋ぎたいの俺だけ?」という台詞の下野さんの演技が良い!
デートは、まずは路地裏に猫を触りに行きます。
デート中に猫と戯れるレイが可愛い。猫にも優しく話しかけてるレイ。私が連れて帰りたいわ(笑)。
「(猫に対して)何?おまえどこから来たの?ん?」
ここの下野さんの言い方が優しくてヤバい。

そのあとレイが私がフェンリルからもらった鍵のネックレスを見て、その鍵に見覚えがあると言います。
その鍵は以前レイとフェンリルが埋めたタイムカプセルの鍵で、2人でタイムカプセルを埋めた場所に行きます。
ここで1つだけ私がひっかかったというか、ひいた場面が。
アリスが鍵を使って勝手にタイムカプセルを開けちゃうんですよね。レイとフェンリルのタイムカプセルなのに。このCDで唯一ちょっとだけ不満な点です。
でも下野さんの
「待て待て待て待て。こ~ら、そこまでだ。」
という言い方が好きすぎるので許す(笑)。
レイがアリスのワガママを全部聞いてあげているのが良いですね。アリスに見つめられるということを聞いてしまうレイ。
なんだかんだ尻に敷かれてるんですね。

レイがパスタのお店に行くかと誘うのですが、ルカが作った料理が食べたいとアリスが言ってすぐに帰ります。もうデート終わり?
もうちょっと色々あったら良かったな~。

家に帰ってご飯食べた後、部屋に2人きりになります。が。が。が。ここからが超絶甘いです。私は何回口から砂を吐いたかわかりません。口から砂とか砂糖とか、なんか色々出たよ。聴いていると恥ずかしすぎて、何回か、一時停止してしばらく他のことをして気を紛らわせて落ち着いてから、また続きを聴いてすぐに一時停止するのを繰り返しました。
キスしかしてないのにめっちゃエロいです。聴いているとなんだかいたたまれない気持ちになります。でも好き(笑)。
下野さんの吐息交じりの声が色っぽいです。下野さんのシチュCDの中でもトップクラスにドキドキしました。下野さんの声が艶っぽすぎる。レイはテンション低めの静かなキャラなので、下野さんの演技が過剰だからセクシーというわけでは決してありません。控えめで自然な演技なのにナチュラルに色っぽいのが凄い。乙女ゲームやシチュCDの甘いシーンは特に、演技過剰というか、セクシーさを前面に押し出してるなと感じる方もおられるのですが、下野さんにはそんなこと感じません。下野さんの声の破壊力が凄くてライフがゼロになりました。
下野さんの演技が良いなと思った台詞を挙げようと思ったのですが、多すぎて無理でした。全部が素晴らしい。
「子供みてぇなキスだな。・・・・下手くそ。」
アリスからキスしたら、子供みたいなキスだと笑われるのですが、レイが本当に嬉しそうでほっこりします。「下手くそ」の言い方の優しいこと。若干聞こえづらいのですが「下手くそ」って言ってるんですよね?

で、朝チュンです。ほんと良かった。朝チュンでがっかりせずにホッとする私。
朝から甘いけど、さっきまでとは違って平和な甘さです。良かった。
で、起きたらレイから素敵なプレゼントが・・・。何かはCDを聞いて確認してください。
「だから・・・買った。」の部分の「買った」の言い方が好きです。


03. エピローグ
最後はレイの幸せそうなモノローグで締め。アリスへの愛を語ってます。この終わり方良いなと思うのですが、終わってからすぐにキャストトークが始まるので、もう少し余韻に浸りたかったかもです。


04. キャストトーク
本編からすぐにキャストトークが始まるので、レイとのトーンの違いに少し驚きました。レイの声に耳が慣れていたので、下野さんの地声ってそういえばこういう声だったな、と。緊張しておられたようなので、若干よそゆきの声かもしれませんが。
レイを演じるのに緊張したという下野さん。
色んなことを考えながらレイを演じてくれたんだなーとわかって、とても嬉しかったです。
後はいつもの可愛い下野さんです。いつもの感じのトークなので、さっきまでドキドキしっぱなしでしたが、これを聞いて安心しました。
最後の質問が、聴いているファンにレイのアピールをというものだったのですが、自分が演じているキャラは自分と一心同体だと思ってしまうので、キャラをアピールすることは自分自身をアピールすることのようで恥ずかしいらしい。下野さんっぽくて良いなーと思いました。
このCDは全部で40分くらい。そのうちの4分の1がキャストトーク(笑)。もうちょっと長かったら・・・って贅沢かな。


あー、ほんと良かった。
甘々で大満足なのですが、今後何度も聴くかというとわからないです。
四季彼氏とか、新選組勿忘草の血魂録は、作品としては大好きですが、ほとんど聴き返したりしないCDです。聴くと悲しくなるから。
このCDも聴くとドキドキしすぎてライフがゼロになるから、普段使いのCDにはできないかもですね。
普段使いのCDはもっと気楽に聴ける程良い甘さのやつかな。
・・・普段使いのCDって何だ?(笑)

でも間違いなくこのCD好きです。私の中でイケメン革命のレイがうたプリの来栖翔ちゃんを抜いてしまった・・・。私的ランキング乙女ゲーム部門で我来也と来栖翔を抜いて今単独1位です。すぐに変わると思いますが。この3人が私の中で熾烈な争いをしてます。
長々と書いてしまいましたが、言いたいことは下野さんの演技が最高だということと、迷っておられる方がいるならお勧めだということです。はい。

by allisfullofhiro | 2017-11-30 02:25 | 乙女向けCD感想

Attack 音 体感2 レポその②

長らく放置してすみませんでした。ブログ更新してない間に下野さん情報が沢山!
少し早いですが来年4月には合同バースデーライブがあるんですね。楽しみです。


もうすっかり過去の話になってしまいましたが、Attack音体感2のレポの続きです。
以下、ネタバレありです。



6. 朗読劇② ミカサ
ステージ下手側にミカサ役の石川さんが1人立ち、朗読されていました。
目の前でハンネスさんが死んだ。世界は残酷なんだから、戦わなければ勝てない。
あのとき私がライナーを殺っていれば、エレンも奪われることはなかった。奴らは人類の害。躊躇う必要なんてなかったのに。
私は、自分をコントロールできると思ってた。私のせいだ。エレンはいつも私をおいて遠くへ行ってしまう。以前は女型の巨人にも奪われ、鎧の巨人にも奪われた。
エレンはいつも私から離れて行ってしまう。
私はただ、そばにいたいだけなのに。
私は憎い巨人を前にしても動けなかった。でもエレンは素手で巨人に立ち向かい、私を守ってくれた。
私は助けられてもただありがとうと言うだけだった。そんな私にエレンは何度でもマフラーを巻いてやると言ってくれた。
・・・あのとき、何が起こったかわからなかった。巨人達が鎧の巨人に向かって行ったように見えた。
戦ってみせる。何度でも。


7. 朗読劇③ アルミン
アルミン役の井上さんが1人で朗読。
窓の外の景色が重く見える。
エレンを取り戻すことができたのに、心は暗いままだ。心を覆うのは疲労感ではなくて、喪失感なのかもしれない。
ライナーとベルトルトは仲間だった。僕たちのこれまでの日々、友情は決して嘘じゃない。しかし大切な思い出は塗りつぶされた。いや、自分で塗りつぶしたんだ。
あの草原での戦いで。
僕はベルトルトにこう言った。アニは拷問を受けているのに、おいていくの?
ベルトルトは、悪魔の末裔、ぶっ潰してやると言った。
そのとおりだろう。ベルトルトの心のやわらかい所を攻撃し、傷つけた。今までの僕なら心の中で思っても、実行に移すことはできなかっただろう。
僕には夢がある。壁の向こうの景色を見たい。自分では無理ならその夢をエレンに託したい。
たとえ命を懸けてもその夢を叶える。


8. 映像② XL-TT
井上さんが捌けて、アニメ第1期の映像が流れました。
一番初めの超大型巨人の出現のシーン。
エレンの母カルラが巨人に食べられているシーン。それを見つめるエレン、ミカサをハンネスが助けるシーン。
ミカサを助けるために初めてエレンが巨人となって登場したシーンなど。


9. ライブ④ DOA
この曲を聞くと勇ましいミカサが戦闘しているシーンを思い出しますね。進撃の巨人のキャラの中では、コニーを除くとミカサが一番好きです。


10. 映像③ 進撃st-hrn-egt20130629巨人
アニメ第1期の映像が流れました。
リヴァイとミカサが森の中で女型の巨人を追いかけ、捕らえるシーン。
女型とエレンが壁の所で戦うシーン。
リヴァイとミカサに追い詰められて硬化したアニを見つめるシーン。


11. ライブ⑤ theDOGS
この曲は盛り上がるというよりは、皆さんじっくりと聴きいっているという感じでした。


ライブが多めだったのはここくらいまでで、次からは怒涛の朗読劇のターンなので、今日はこの辺で。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以下、誰にも待たれてはいないけど、本日のシャニライのコーナー♪です。
基本ウザいので廻れ右でお願いします。
私完全に油断していました。翔ちゃんのイベントはもっと先だと思ってました。
オレサマ愛歌のproがまだクリアできないのを、翔ちゃんイベまでにはフルコン出来るようになっていようと毎日ちょっとずつ練習してたのに、間に合いませんでした。
でも翔ちゃんのイベントが始まってしまったので仕方ありません。男気全力全開でひたすら廻しまくりました。主にオートで(汗)。イベント曲7曲のうち、proクリアできない曲が3曲もある私にとってはかなり厳しい戦いでした。ほんとオート様々です。ギリギリ上位1%を保ってたのですが・・・。
でも最終日の前日にベッドの上でオート廻しながら気づいたら寝落ちしてて、朝になったら上位2%に落ちてました。最終日に上位2%から1%に上がるのは至難の業だとネットで見たので起きた瞬間かなり焦りましたが、オート様のおかげで出勤時には1%に復帰。
午前中もトイレに行くついでに何度かチェックしていたのですが、仕事にかかりきりになってお昼休みが遅くなってしまい、スマホ確認したら2%に落ちていました。お昼休みに何があったの?っていうくらい順位落ちてました。
でもここまで来たら何とか1%に残りたかったので効率とか一切考えずに全曲3倍で廻したら何とか追いつくことが出来ました。
イベントで上位1%に入ったのは初めてですが、こんなにしんどいとは思いませんでした。
次の翔ちゃんのイベントはそれこそかなり先の話になると思うので、それまでにproフルコン出来るようになっていたいなと思います。
それにしても翔ちゃん可愛いなー。特撮ヒーローの衣装はホームに置くと・・・だけど。
でもsweet cafeの限定ガチャで、イベント1%よりも限定SRを引く方が大変かもしれないと痛感しました。私のアカウントはマサトしか出ない仕様になっているのかというくらいマサト推しのようです。いや、マサト大好きなんだけどね。

by allisfullofhiro | 2017-11-19 20:59 | イベントレポ

Attack 音 体感2 レポその①

サンリオピューロランドイベント第1部当選してました。落ちている方をみかけるので、倍率高めだったのですかね。下野さんの人気を考えて、もう少し大きめの場所でやってくれたら良かったのになー。ほぼはじ番外編もそうだけど。


さて。ようやく重い腰をあげての進撃イベレポです。
ライブ&朗読劇パートは昼と夜同じでした。キャストのトークパートのみを昼夜分けて書きますね。
いつものように正確性の著しく欠いた下野さん中心のレポートですが、イベントのなんとなくのニュアンスのみをお届けできればと思っています。あと朗読劇の部分は完全に私の作文となっています。あと相変わらずの遅筆のため、細かく刻んでいきます。ご了承ください。
進撃の巨人はアニメ第1期から全て視聴しており、原作漫画も友達に借りて一通り読んでいるのですが、そこまで細かく覚えておらずかなり怪しい知識で書いているので、間違ってたらご容赦ください。

以下、ネタバレです。





【イベント内容】
1. ライブ① YOU SEE BIG GIRL
2. ライブ② The Reluctant Heroes
3. 映像① 立body機motion
4. ライブ③ Call your name
5. 朗読劇① 104期生
6. 朗読劇② ミカサ
7. 朗読劇③ アルミン
8. 映像② XL-TT
9. ライブ④ DOA
10. 映像③ 進撃st-hrn-egt20130629巨人
11. ライブ⑤ theDOGS
12. 朗読劇④ サシャ・コニー・ジャン
13. 朗読劇⑤ ライナー・ベルトルト・ユミル
14. 朗読劇⑥ クリスタ・ユミル
15. 朗読劇⑦ エルヴィン
16. 映像④ Counterattack Mankind、Army go
17. ライブ⑥ Barricades
18. 朗読劇⑧ エレン
19. 朗読劇⑨ 104期生
20. キャストトーク

映像のときに流れていたサントラ曲のタイトルは自信ないので間違っている可能性が大いにあります。すみません。



1. ライブ① YOU SEE BIG GIRL
ライブの前に、何か曲が演奏されていたと記憶しているのですが、タイトルがわかりません。すみません。
舞台上にオーケストラの方々が30人くらい?ずらっと数列に並んで座られていて、迫力のある生演奏で、最初からひきこまれました。


2. ライブ② The Reluctant Heroes
この曲が流れると電波兵団を思い出してテンション上がりますよね。
「進撃の巨人ラジオ。梶と下野の進め!電波兵団~」って声が聞こえてくるかのようです。またラジオやってくれないかなー。


3. 映像① 立body機motion
オケの方が演奏する後ろで、アニメ第1期の映像が流れます。
第1期の第1話の部分かな。超大型巨人が壁を壊しに来たシーン。104期生が入団した頃のシーン。トロスト区での戦闘シーン。
第57回壁外調査のシーン。サシャが4足歩行の巨人と遭遇するシーン。女型の巨人登場などなど。


4. ライブ③ Call your name
前半パートはライブが多めです。ライブパートは盛り上がって良いのか、品良くじっくり聞いたらいいのかわからない感じでした。開場の雰囲気に飲み込まれている状態。この曲は男性2人のユニゾンの部分が迫力がありましたね。


5. 朗読劇① 104期生(エレン、ミカサ、アルミン、ジャン、コニー、サシャ、クリスタ)
朗読劇を繋ぐナレーションというか、ストーリーテラー的な立ち位置でアルミンのセリフから始まりました。アルミンのナレーションは録音されているものでした。
その日我々は思い知った。104期生の中に巨人がいたこと。みたいなナレ。

時系列的には第2期のアニメの最終話の戦いの後のシーンだと思われます。

ジャン「大丈夫か?」
エレン「一体何人死んだんだ?」
コニー「最初は100人くらいいたけど、今は40人くらいか・・・。」
ジャン「立って歩けるのはその半分くらいだ。」
コニー「信じられねえよ。この俺が無事だったなんて。」
ジャン「104期は悪運が強い奴が多いんだ。」
エレン「ミカサ!大丈夫か!?」
苦しそうなミカサ。
アルミン「エレン、落ち着いて。肋骨をやっていて、長く馬に揺られてたから・・・。」
エレン「俺が捕まったせいで。」
クリスタ「エレン!ユミルを助けに行かなきゃ。追いかければまだ間に合う。エレンは強いんでしょ!?ユミルを助けてよ。」
サシャ「クリスタ落ち着いて。」
クリスタ「クリスタ?私はヒストリアよ。その名前は捨てたの。クリスタは子供の頃読んだ本に出てきた名前よ。」
エレン「クリスタ。ユミルは自分からついて行ったように見えたけどな。」
コニー「俺もそう見えた。」
ジャン「ユミルはよくわかんない奴だったよな。」


こんな感じで、次回に続きます。

by allisfullofhiro | 2017-11-03 00:46 | イベントレポ